NIST、「NSA を喜ばせるため故意に暗号規格を弱体化した疑い」を否定~同機関の信頼は損なわれたと Bruce Schneier は発言(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

NIST、「NSA を喜ばせるため故意に暗号規格を弱体化した疑い」を否定~同機関の信頼は損なわれたと Bruce Schneier は発言(The Register)

NSA の内部告発者 Edward Snowden が発表したメモによると、その諜報機関の予算には、「商業的な公開鍵技術の方針、規準、仕様に影響を与える」ための試みが含まれており、それは特に NIST Special Publication 800-90 について言及していた。

国際 TheRegister
米国国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)は、同研究所が NSA の監視活動を支援する目的で意図的に暗号規格を弱めているという非難について、それを猛烈に否定した。

NIST は声明で以下のように述べている。「我々の規格を厳密に調べる目的で利用されている透明性の高い公的なプロセスは、現在も適切であるということを、我々は IT サイバーセキュリティのコミュニティに対して約束したい」

「NIST が暗号規格を故意に弱めることはない…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×