Torユーザー、Webサイト運用者による積極的な迫害の対象に~反プライバシーに拍車をかけた責任をCDNに押し付けるべきではないとの調査報告が発表(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

Torユーザー、Webサイト運用者による積極的な迫害の対象に~反プライバシーに拍車をかけた責任をCDNに押し付けるべきではないとの調査報告が発表(The Register)

国際 TheRegister

Torを使ってブラウジングする人々を迫害する傾向がWebサイトで増加している。そんな調査結果をコンピュータ科学者が明らかにした。

Torは、米国務省の寄付で支えられている匿名化サービスだ。中国やイランなど国の検閲に悩む被害者たちに対して自由にWebをブラウジングできるよう支援することも開発された理由の1つだ。だが最近、広告をプッシュ表示するためにユーザーを識別したい一部Webサイトが、識別を困難にするとの理由でTorユーザーのアクセスを遮断していることが調査結果で分かった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×