Torユーザー、Webサイト運用者による積極的な迫害の対象に~反プライバシーに拍車をかけた責任をCDNに押し付けるべきではないとの調査報告が発表(The Register) | ScanNetSecurity
2020.08.05(水)

Torユーザー、Webサイト運用者による積極的な迫害の対象に~反プライバシーに拍車をかけた責任をCDNに押し付けるべきではないとの調査報告が発表(The Register)

多くのWebサイトではTorネットワークからのアクセスをブロックしているが、その理由は意図的な場合と、Torネットワークからの不正なトラフィックに警戒している場合が挙げられる。

国際 TheRegister
Torを使ってブラウジングする人々を迫害する傾向がWebサイトで増加している。そんな調査結果をコンピュータ科学者が明らかにした。

Torは、米国務省の寄付で支えられている匿名化サービスだ。中国やイランなど国の検閲に悩む被害者たちに対して自由にWebをブラウジングできるよう支援することも開発された理由の1つだ。だが最近、広告をプッシュ表示するためにユーザーを識別したい一部Webサイトが、識別を困難にするとの理由でTorユーザーのアクセスを遮断していることが調査結果で分かった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×