調査・レポート・白書・ガイドラインニュース記事一覧 | ScanNetSecurity
2024.04.24(水)

調査・レポート・白書・ガイドラインニュース記事一覧

社員のセキュリティ意欲高める施策とは? 罰則は逆効果 ~ プルーフポイント「2024 State of the Phish」日本語版公表 画像
調査・ホワイトペーパー

社員のセキュリティ意欲高める施策とは? 罰則は逆効果 ~ プルーフポイント「2024 State of the Phish」日本語版公表

 日本プルーフポイント株式会社は4月19日、第10回目となる年次レポートの最新版「2024 State of the Phish」の日本語版を発表した。

セキュリティにおける効果は実感できるのか ~ SECURITY ACTION 宣言「得られた効果はない」最多 画像
調査・ホワイトペーパー

セキュリティにおける効果は実感できるのか ~ SECURITY ACTION 宣言「得られた効果はない」最多

 IPAは「2023年度 SECURITY ACTION宣言事業者における情報セキュリティ対策の実態調査」の報告書を発表した。

セキュリティ対策は株価を上げるのか ~ 株主総利回り(TSR)の平均値は高い傾向 画像
調査・ホワイトペーパー

セキュリティ対策は株価を上げるのか ~ 株主総利回り(TSR)の平均値は高い傾向

 Diligentは3月28日、Bitsightと共同で実施したサイバーセキュリティと監査に関する調査レポート「Cybersecurity, Audit and the Board(英語)」を公開した。

被害額オレオレ詐欺の3倍 時間かけ信頼醸成「SNS型投資詐欺」~トビラシステムズ独自調査 画像
調査・ホワイトペーパー

被害額オレオレ詐欺の3倍 時間かけ信頼醸成「SNS型投資詐欺」~トビラシステムズ独自調査

 トビラシステムズ株式会社は4月12日、調査データや実例をもとにした「SNS型投資詐欺」の独自調査レポートを公開した。

プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定 画像
調査・ホワイトペーパー

プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

 日本プルーフポイント株式会社は4月3日、クラックされた海賊版のビデオゲームや関連コンテンツを宣伝し、マルウェアを配布している複数のYouTubeチャンネルを特定したと同社blogで発表した。

IT部門か全員かそれとも政府か ~ サイバー攻撃から守る責任は誰にある? KnowBe4 調査 画像
調査・ホワイトペーパー

IT部門か全員かそれとも政府か ~ サイバー攻撃から守る責任は誰にある? KnowBe4 調査

 KnowBe4 Japan 合同会社は3月27日、アジア太平洋3ヶ国を対象に実施したサイバーセキュリティ実態調査の結果を発表した。

AI アプリ標的 ゼロクリックワーム開発/北 韓国半導体企業へ攻撃/米司法省 APT31 メンバー訴追 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年3月度] 画像
脅威動向

AI アプリ標的 ゼロクリックワーム開発/北 韓国半導体企業へ攻撃/米司法省 APT31 メンバー訴追 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年3月度]

 興味深い研究発表として、イスラエル工科大学やコーネル工科大学などの研究者は、OpenAI の ChatGPT や Google の Gemini など、生成 AI を活用する AI アプリケーションを標的としたゼロクリックワーム「Morris II」を開発し、ユーザーの個人情報の窃取に成功したことを発表しました。

初動対応者同士の情報共有が不可欠 ランサムウェア攻撃への対応 画像
調査・ホワイトペーパー

初動対応者同士の情報共有が不可欠 ランサムウェア攻撃への対応

 一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月26日、JPCERT/CCが対応したランサムウェア攻撃事案の分析と、初動対応段階に必要なファーストレスポンダーや専門組織同士の情報共有のポイントについての解説記事を発表した。

復旧失敗確率 3 分の 2、ランサムウェア身代金支払い ~ JIPDEC、ITR 調査 画像
調査・ホワイトペーパー

復旧失敗確率 3 分の 2、ランサムウェア身代金支払い ~ JIPDEC、ITR 調査

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は3月15日、「企業IT利活用動向調査2024」の結果を発表した。

日本のセキュリティ人材の 74 %、2023年に昇給なし 画像
調査・ホワイトペーパー

日本のセキュリティ人材の 74 %、2023年に昇給なし

 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は4月1日、「ヘイズグローバルサイバーセキュリティレポート」を発表した。

炎上件数最多は知識や配慮不足「2023年炎上レポート」公開 画像
調査・ホワイトペーパー

炎上件数最多は知識や配慮不足「2023年炎上レポート」公開

 株式会社コムニコは3月26日、「SNS炎上事件」の傾向分析をまとめた「2023年炎上レポート」を発表した。

JNSA「今すぐ実践できる工場セキュリティハンドブック」リスク対策編公開 画像
調査・ホワイトペーパー

JNSA「今すぐ実践できる工場セキュリティハンドブック」リスク対策編公開

 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は3月22日、「今すぐ実践できる工場セキュリティハンドブック・リスク対策編」と「工場セキュリティハンドブック・リスク対策集」を発表した。

Proofpoint Blog 35回「【FBI/IC3 インターネット犯罪レポート解説】サイバー犯罪による損失が過去最高 125 億ドルを突破」 画像
調査・ホワイトペーパー

Proofpoint Blog 35回「【FBI/IC3 インターネット犯罪レポート解説】サイバー犯罪による損失が過去最高 125 億ドルを突破」

 FBI によると、昨年 2023 年に国民から報告されたサイバー犯罪の被害届件数は 79,474 件のみ増加し、わずかな増加にとどまりました。しかし損失額は 125 億ドル(約 1 兆 8750 億円)を超え、2022 年から 22 %増加し、2023 年は過去最高を記録しています。

内製開発のアプリの脆弱性調査「アクセス制御の不備」が最多 画像
調査・ホワイトペーパー

内製開発のアプリの脆弱性調査「アクセス制御の不備」が最多

 株式会社カスペルスキーは3月21日、企業や団体が社内で開発するWebアプリケーションの脆弱性についての調査結果を発表した。

食品や飲料品盗難が全体の 22 %「サプライチェーンリスク・インサイトレポート2024」BSI 画像
調査・ホワイトペーパー

食品や飲料品盗難が全体の 22 %「サプライチェーンリスク・インサイトレポート2024」BSI

 BSIグループジャパン株式会社は3月19日、 2023年の世界のサプライチェーンリスクに関する報告書「サプライチェーンリスク・インサイトレポート2024」を発表した。

増加要因はスマホの感染「詐欺SMSモニター」サイバーセキュリティ月間終了後も公開 画像
調査・ホワイトペーパー

増加要因はスマホの感染「詐欺SMSモニター」サイバーセキュリティ月間終了後も公開

 トビラシステムズ株式会社は3月19日、フィッシング詐欺のリアルタイム観測サイト「詐欺SMSモニター」の公開継続を発表した。あわせてサイバーセキュリティ月間中に観測した詐欺SMSについてまとめた調査レポートを公開している。

「サイバーセキュリティお助け隊サービス」制度に新たに 2 類を創設、価格要件を緩和 画像
調査・ホワイトペーパー

「サイバーセキュリティお助け隊サービス」制度に新たに 2 類を創設、価格要件を緩和

 経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月15日、「サイバーセキュリティお助け隊サービス」制度に新たな類型(2類)を創設し、「サイバーセキュリティお助け隊サービス基準2.0版」を公開した。

ランサムウェアに身代金を支払う傾向の強い組織の構造が明らかに 画像
調査・ホワイトペーパー

ランサムウェアに身代金を支払う傾向の強い組織の構造が明らかに

 ソフォス株式会社は3月5日、サイバーセキュリティ組織の構造が成果に及ぼす影響についての分析を発表した。

2025年3月末までの EMV 3-D セキュア導入に向けた取組記載、「クレジットカード・セキュリティガイドライン」改訂 画像
調査・ホワイトペーパー

2025年3月末までの EMV 3-D セキュア導入に向けた取組記載、「クレジットカード・セキュリティガイドライン」改訂

 経済産業省は3月15日、「クレジットカード・セキュリティガイドライン」の改訂について発表した。

二度目のランサムウェア被害、半数超が 2 ヶ月未満に発生 画像
調査・ホワイトペーパー

二度目のランサムウェア被害、半数超が 2 ヶ月未満に発生

 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は3月13日、「暴露型ランサムウェア攻撃統計CIGマンスリーレポート」2024年2月号を発表した。

人かAIか? 生成方法別フィッシングメール打率比較 画像
セミナー・イベント

人かAIか? 生成方法別フィッシングメール打率比較

 類似の実験では「見分けがつかない」「成功率が高い」といった結果にとどまっていることが多いが、この論文では AI 作成フィッシングメールの「品質評価」、人力と AI 作成メールに対して AI がどの程度、真贋や意図を判定できるかにまで踏み込んで調べた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 137
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×