製品・サービス・業界動向ニュース|ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.19(金)

製品・サービス・業界動向

BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

2017 年の夏に国内大手航空会社が巧妙な詐欺メールで数千万円もの金額をだまし取られた。BEC、ビジネスメール詐欺と呼ばれる手法だが 2018 年には日本語の BEC も確認され、2019 年も警戒が必要なサイバー攻撃だとする専門家も多い。

Carwallの自己防御機能をアルパインの車載システムに提供(アズジェント) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Carwallの自己防御機能をアルパインの車載システムに提供(アズジェント)

アズジェントは、同社のコネクテッドカー・セキュリティのパートナーであるKarambaが、アルパインとCarwall runtime integrityソフトウェアの開発契約を行い、アルパインの車載インフォテインメントシステムにセルフプロテクション機能を提供すると発表した。

クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

CrowdStrike Japanは、料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」を提供するクックパッドが、同社のエンドポイントセキュリティソリューションとしてCrowdStrike Falcon プラットフォームを採用したと発表した。

LGWAN接続端末から「kintone」を利用できるサービス開始(サイボウズ、両備システムズ) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

LGWAN接続端末から「kintone」を利用できるサービス開始(サイボウズ、両備システムズ)

サイボウズは両備システムズと協業し、自治体専用閉域ネットワーク「LGWAN」と業務クラウドプラットフォーム「kintone(キントーン)」をセキュアにつなぐ「R-Cloud Proxy for kintone」を両備システムズからリリースする。

EDR製品の運用を支援「EDR原因解析サービス」開始(シーイーシー、ソフォス) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

EDR製品の運用を支援「EDR原因解析サービス」開始(シーイーシー、ソフォス)

シーイーシーとソフォスは、EDRサービスで協力すると発表した。シーイーシーは、ソフォスのEDR製品「Intercept X Advanced with EDR」の運用を支援した「EDR原因解析サービス」を提供開始する。

米Sailpoint社の自動ID管理製品の取扱いを開始(アイ・アイ・エム) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米Sailpoint社の自動ID管理製品の取扱いを開始(アイ・アイ・エム)

アイ・アイ・エムは、IDガバナンス管理(IGA)、IDアクセス管理(IAM)分野の企業である米Sailpoint社とアライアンス契約およびリセラー契約を締結したと発表した。

さくらのクラウドに総合サーバセキュリティDeep Security as a Service提供(さくらインターネット、ハイパーボックス) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

さくらのクラウドに総合サーバセキュリティDeep Security as a Service提供(さくらインターネット、ハイパーボックス)

さくらインターネットはハイパーボックスと協業し、トレンドマイクロの法人向け総合サーバセキュリティ「Trend Micro Deep Security as a Service」を、さくらのクラウドにおいて7月18日より提供開始すると発表した。

セキュリティ関連サービスのスタートアップ企業「Flatt」に出資(ディノス・セシール) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

セキュリティ関連サービスのスタートアップ企業「Flatt」に出資(ディノス・セシール)

ディノス・セシールは、サイバーセキュリティ関連サービスを提供するFlattに対して出資を行うと発表した。

無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

ラックは、同社が2018年11月に公開した無料のセキュリティ調査ツール「FalconNest(ファルコンネスト)」に、PCのメモリ領域を調査しマルウェアを検知する機能「Phantom Seeker(ファントム シーカー)」を新たに追加し、公開したと発表した。

「個人向け」情報漏えい確認サービス、ダークウェブも調査範囲(シマンテック) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「個人向け」情報漏えい確認サービス、ダークウェブも調査範囲(シマンテック)

シマンテックは、個人向けにインターネット上の個人情報の流出を検知し、通知する「ノートン ダークウェブ モニタリング Powered by LifeLock」を発表した。

ホワイトリスト型とAI型、制御システム専用ネットワークセンサ開発(アズビル セキュリティフライデー) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ホワイトリスト型とAI型、制御システム専用ネットワークセンサ開発(アズビル セキュリティフライデー)

アズビル セキュリティフライデーは、制御システムに特化したサイバーセキュリティ対策として、ネットワークセンサ「VISUACT-XA」をリリースしたと発表した。

最低限これだけは、EC-CUBE ショップ運営者のセキュリティチェックポイント ~ EC-CUBE の 6 割のショップで見つかるセキュリティ脆弱性とは? 画像
新製品・新サービス ScanNetSecurity

最低限これだけは、EC-CUBE ショップ運営者のセキュリティチェックポイント ~ EC-CUBE の 6 割のショップで見つかるセキュリティ脆弱性とは?PR

EC サイトをターゲットとしたサイバー攻撃被害が増加する昨今、「EC-CUBE 向け無償簡易セキュリティ診断」の取り組みの目的やサービス内容について、診断を行うふたりの技術者、森藤将武氏、小田真司氏に話を聞きました。

クラウド型WAFのマネージドサービスを提供(IIJ) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

クラウド型WAFのマネージドサービスを提供(IIJ)

IIJは、Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃から企業のWebサイトを防御する「IIJマネージドWAFサービス」を提供開始したと発表した。

日本版ハイプサイクル公開、IoTセキュリティ主流になるまで10年以上(ガートナー ジャパン) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

日本版ハイプサイクル公開、IoTセキュリティ主流になるまで10年以上(ガートナー ジャパン)

ガートナー ジャパンは、「日本におけるセキュリティ(インフラストラクチャ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2019年」を発表した。

ブロックチェーンを活用した分散型IDに新手法(富士通研究所) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ブロックチェーンを活用した分散型IDに新手法(富士通研究所)

富士通研究所は、オンライン上の取引に関わるサービス事業者や利用者に対して、取引相手の本人情報の真偽を判断可能なアイデンティティー流通技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を開発したと発表した。

SaaSへの通信経路を自動制御するクラウドプロキシサービス(IIJ) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

SaaSへの通信経路を自動制御するクラウドプロキシサービス(IIJ)

IIJは、クラウド型のSD-WANサービス「IIJ Omnibusサービス」の機能を拡充し、Office 365等のクラウドサービス(SaaS)への通信をIIJ Omnibusのサービス基盤上で自動的に経路制御する「IIJクラウドプロキシサービス」の提供を開始した。

標的型メール訓練サービスがスミッシングに対応(GSX) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

標的型メール訓練サービスがスミッシングに対応(GSX)

GSXは、同社の標的型メール訓練サービスの新ラインアップとして「スミッシング訓練サービス」をリリースしたと発表した。

ランサムウェアサービス提供者「Gandcrab」引退ほか ~ 2019 年 6 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary] 画像
脅威動向 株式会社 サイント 代表取締役 兼 脅威分析統括責任者 岩井 博樹

ランサムウェアサービス提供者「Gandcrab」引退ほか ~ 2019 年 6 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

Gandcrab の作者らは、彼らのランサムウェアが 20 億ドル以上の身代金を支払わせ、年間に約 1 億 5,000 万ドルを稼いだと言います。既に、彼らはこれらのお金を現金化し、様々な分野で合法的なビジネスを行なっているとのことです

WordPress向けのセキュリティ診断サービスを開始(ストーンビートセキュリティ) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

WordPress向けのセキュリティ診断サービスを開始(ストーンビートセキュリティ)

ストーンビートセキュリティは、WordPress向けのセキュリティ診断サービス「脆弱性診断 for WordPress」を開始したと発表した。

制御システム向けにアセスメントから構築、運用まで継続的支援(三菱電機) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

制御システム向けにアセスメントから構築、運用まで継続的支援(三菱電機)

三菱電機は、公共施設・オフィスビル・データセンターなどの制御システム向けにサイバーセキュリティソリューション「OTGUARD(オオティガード)」を提供開始した。

モバイル向け検索結果高速表示機能「AMP」対応の証明書をヤフーが採用(デジサート・ジャパン) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

モバイル向け検索結果高速表示機能「AMP」対応の証明書をヤフーが採用(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、同社の発行するSigned HTTP Exchangesに対応した電子証明書が、アジアパシフィック地域で初めてヤフーに採用されたと発表した。

このカテゴリの記事をもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×