製品・サービス・業界動向ニュース|ScanNetSecurity
2019.11.12(火)

製品・サービス・業界動向

日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

総務省は、日米ISAC間の協力に係る覚書への署名について発表した。

重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

NISCは、2019年度の重要インフラ分野における「分野横断的演習」の実施について発表した。

Google Play公開前アプリのリスクを分析するアライアンス、App Defense Alliance(Google) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Google Play公開前アプリのリスクを分析するアライアンス、App Defense Alliance(Google)

Googleは、Google Playストアを保護するための「App Defense Alliance」を発表した。

経営層限定サイバー演習 DCE(Dear Chairman Exercise)とは 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

経営層限定サイバー演習 DCE(Dear Chairman Exercise)とは

日本ではサイバー相がPCを使えないことが議論になった。しかし、グローバルではインシデント対応の意思決定を誤る経営者やマネージャは失格の烙印を押される。それどころか当局から制裁金を課せられることもある。

「Box」に自社運用ポリシー適用や機会学習によるアノマリー検出(Box Japan) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Box」に自社運用ポリシー適用や機会学習によるアノマリー検出(Box Japan)

Box Japanは、企業がコンテンツ管理におけるセキュリティを強化するための新サービス「Box Shield(ボックス・シールド)」を国内で提供を開始すると発表した。

Mandiant Consulting カリスマコンサルタントとサイバーセキュリティ界の「笑わない男」 画像
セミナー・イベント ScanNetSecurity

Mandiant Consulting カリスマコンサルタントとサイバーセキュリティ界の「笑わない男」PR

顧客情報についてダイヤのように固い箝口令ポリシーがあるMandiant。組織にとって恥ずかしい話を知られるわけだから、当然だ。だからこそMandiantコンサルタントがその立場としてパブリックな場で公演をすることは少なかった。

実戦的サイバーセキュリティ人材の育成を目指し新会社設立(凸版印刷) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

実戦的サイバーセキュリティ人材の育成を目指し新会社設立(凸版印刷)

凸版印刷は、企業・公共機関を対象に、実戦的なサイバーセキュリティ人材育成プログラムおよび組織のセキュリティレベル向上サービスを提供する新会社「株式会社Armoris(アルモリス)」を設立、11月より事業を開始する。

CrowdStrike社、航空技術を標的としたハッキング活動を報告 ほか ~ 2019 年 10 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary] 画像
脅威動向 株式会社 サイント 代表取締役 兼 脅威分析統括責任者 岩井 博樹

CrowdStrike社、航空技術を標的としたハッキング活動を報告 ほか ~ 2019 年 10 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

CrowdStrike 社は、中国の国家安全部職員やセキュリティ研究者、標的企業の関係者など多数の人物が関わった国家ぐるみのハッキングが、中国で開発中の航空機「 COMAC C919 」のために行われていたという実態を報告しました。

編集長対談:JPAAWG に聞く、技術者の議論のやりかた 画像
セミナー・イベント ScanNetSecurity

編集長対談:JPAAWG に聞く、技術者の議論のやりかた

櫻庭「議論する場に JPAAWG がなればいいと期待しています。それを継続していくことによって問題意識も上がっていくでしょうし、協力できる部分も出てくるでしょう。そういう場に JPAAWG がなってほしい。」

2018年度の国内のOTセキュリティ構築運用支援サービス市場は33.8億円(ITR) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2018年度の国内のOTセキュリティ構築運用支援サービス市場は33.8億円(ITR)

ITRは、国内のOT(Operational Technology)セキュリティ構築運用支援サービス市場規模推移および予測を発表した。

新技術に対応するセキュリティ運用とは [Internet Week 2019] 画像
セミナー・イベント ScanNetSecurity

新技術に対応するセキュリティ運用とは [Internet Week 2019]

TLS1.3、CASB、ゼロトラストネットワーク、EDRといった周辺技術が変化する中で監視などのセキュリティ運用が今後どのように変化していくかを紹介します。

クラウド名刺管理サービスに反社チェック機能、2020年3月に実装予定(Sansan) 画像
新製品・新サービス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

クラウド名刺管理サービスに反社チェック機能、2020年3月に実装予定(Sansan)

Sansanは、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」に、オプション機能として、コンプライアンスチェック・反社チェック機能の実装に向け開発すると発表した。

インシデント対応の現場を多く踏むサイバー救急センターが EDR を語る ~ LAC が求める「たったひとつの基準」 画像
新製品・新サービス ScanNetSecurity

インシデント対応の現場を多く踏むサイバー救急センターが EDR を語る ~ LAC が求める「たったひとつの基準」PR

EDR選定に際して、CrowdStrike製品の特長のひとつであるカーネルモード動作は「直接的な選定ポイントではなかった」という。これはカーネルモードでなければダメ、という決めつけで製品を選定したわけではない、という意味だ。

2018年度の国内マネージドEDRサービス市場は12億円、2023年度は76億円に(ITR) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2018年度の国内マネージドEDRサービス市場は12億円、2023年度は76億円に(ITR)

ITRは、国内のマネージドEDR(Endpoint Detection and Response)サービス市場規模推移および予測を発表した。

ExabeamのUEBA搭載次世代SIEM、LanScope Catやi-FILTERと連携(GSX) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

ExabeamのUEBA搭載次世代SIEM、LanScope Catやi-FILTERと連携(GSX)

GSXは、Exabeam Japanが展開するUEBAを搭載した次世代SIEMプラットフォーム「Exabeam」を、マクニカネットワークスを介し、販売代理店契約を交わしたと発表した。

「利用するツールの数とSOCの成熟度は比例しない」あなたのSOCをダメにする3つのパターン 画像
セミナー・イベント 阿部 欽一

「利用するツールの数とSOCの成熟度は比例しない」あなたのSOCをダメにする3つのパターン

利用するツールの数と、SOCの成熟度は比例しない」と語るガートナー バイス プレジデント アナリストのジェレミー・ドゥエン氏が、SOC運営に最適なセキュリティ・アナリティクス・ツールを選定するためのポイントを語った。

PRISMにおける不正ハードウェアチップ検知手法の研究開発に採択(ラックほか) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

PRISMにおける不正ハードウェアチップ検知手法の研究開発に採択(ラックほか)

ラックは、総務省が2019年度に実施する内閣府事業PRISMの対象研究開発課題「設計・製造におけるチップの脆弱性検知手法の研究開発」の委託先として、学校法人早稲田大学を代表研究機関とし、株式会社KDDI総合研究所およびラックが選定されたと発表した。

2018年度の国内WAF運用監視サービス市場は94億円、2019年度は108億円に(ITR) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2018年度の国内WAF運用監視サービス市場は94億円、2019年度は108億円に(ITR)

ITRは、国内のWAF運用監視サービス市場規模推移および予測を発表した。発表によると、同市場の2018年度の売上金額は、前年度比18.2%増の93億6,000万円と急成長した。

クラウドインフラ設定の問題を自動修正する、Cloud Conformity社を買収(トレンドマイクロ) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

クラウドインフラ設定の問題を自動修正する、Cloud Conformity社を買収(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、クラウドセキュリティの状態管理(Cloud Security Posture Management:CSPM)を提供するCloud Conformity社を買収したと発表した。

米セキュリティマネジメント成熟度評価モデルの解説書公開(IPA) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

米セキュリティマネジメント成熟度評価モデルの解説書公開(IPA)

IPAは、国内の重要インフラ業界のセキュリティ対策の支援を目的に、米国発のセキュリティマネジメント成熟度の評価モデル「ES-C2M2」の解説書およびチェックシートを公開した。

令和2年度サイバーセキュリティ政府予算881億円、10億円超が11施策(NISC) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

令和2年度サイバーセキュリティ政府予算881億円、10億円超が11施策(NISC)

NISCは、政府のサイバーセキュリティに関する予算(令和2年度予算概算要求)について発表した。

このカテゴリの記事をもっと見る

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×