調査・レポート・白書ニュース|ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.24(日)

調査・レポート・白書

短時間で影響を広げる国家主導のサイバー攻撃者グループ(CrowdStrike) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

短時間で影響を広げる国家主導のサイバー攻撃者グループ(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、「2019年版 CrowdStrikeグローバル脅威レポート:攻撃者グループが身につけたノウハウとスピードの重要性」を発表した。

メールサーバセキュリティ診断の結果、61%が「要改善」(デージーネット) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

メールサーバセキュリティ診断の結果、61%が「要改善」(デージーネット)

デージーネットは、メールサーバの安全性について課題の傾向・考察をまとめた統計レポートを公表した。

Telnetへの攻撃は大きく減少するも、半数以上がIoT機器を狙う攻撃(NICT) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Telnetへの攻撃は大きく減少するも、半数以上がIoT機器を狙う攻撃(NICT)

NICTは、「NICTER観測レポート2018」を発表した。NICTサイバーセキュリティ研究所は、NICTERプロジェクトにおいて大規模サイバー攻撃観測網(ダークネット観測網)を構築し、2005年からサイバー攻撃関連通信の観測を続けている。

Windows10 導入企業 4 割がセキュリティ強化のためと回答(GfKジャパン) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

Windows10 導入企業 4 割がセキュリティ強化のためと回答(GfKジャパン)

GfKジャパンは、「企業の情報化投資に関する調査」の結果から、企業の情報化投資やハードウェアの導入状況について発表した。

宅配便業者を騙るSMSと、セクストーションメールが急増(IPA) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

宅配便業者を騙るSMSと、セクストーションメールが急増(IPA)

IPAは、「情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2018年第4四半期(10月~12月)]」を発表した。

フィッシングメールの相談が増加、BECも4件の情報提供(IPA) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

フィッシングメールの相談が増加、BECも4件の情報提供(IPA)

IPAは、2018年10月から12月の四半期における「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)運用状況」を公開した。

企業への攻撃数が増加傾向、特に50~199人規模が突出(サイバーセキュリティクラウド) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

企業への攻撃数が増加傾向、特に50~199人規模が突出(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、2018年のサイバー攻撃の実情についてまとめた「サイバー攻撃白書2018」を発表した。

就学前の子どもを持つ保護者に向けてフィルタリングの説明や家庭でのルール作りを説明(内閣府) 画像
調査・ホワイトペーパー 外岡紘代@リセマム

就学前の子どもを持つ保護者に向けてフィルタリングの説明や家庭でのルール作りを説明(内閣府)

 内閣府は2019年1月、おもに就学前の子どもを持つ保護者に向けた普及啓発リーフレット「スマホ時代の子育て ~悩める保護者のためのQ&A」を作成した。子どものインターネット利用について、保護者が抱える悩みなどに対して解決方法やヒントを紹介している。

脆弱性届出、「スマホアプリ」「ルータ」がともに1位--四半期レポート(IPA、JPCERT/CC) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

脆弱性届出、「スマホアプリ」「ルータ」がともに1位--四半期レポート(IPA、JPCERT/CC)

IPAおよびJPCERT/CCは、2018年第4四半期(10月から12月)における「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況」を発表した。

脆弱性情報の登録状況、もっとも多かった脆弱性は「XSS」(IPA) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

脆弱性情報の登録状況、もっとも多かった脆弱性は「XSS」(IPA)

IPAは、2018年第4四半期(10月から12月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。

地下市場をやめ独自のショップを開設する犯罪者が増加--四半期レポート(マカフィー) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

地下市場をやめ独自のショップを開設する犯罪者が増加--四半期レポート(マカフィー)

マカフィーは、2018年第3四半期の脅威レポート「McAfee Labs 脅威レポート:2018年12月」を発表した。

「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

脆弱性診断士スキルマッププロジェクトは、「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.3.0」を公開したと発表した。同プロジェクトのサイトからWordおよびPDFでダウンロードできる。

IoTセキュリティへの取り組み、日本企業の低さが明らかに(ジェムアルト) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

IoTセキュリティへの取り組み、日本企業の低さが明らかに(ジェムアルト)

ジェムアルトは、IoTセキュリティに関する国際調査結果を発表した。

コネクテッドカーのECUに1カ月あたり平均30万回の攻撃(アズジェント) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

コネクテッドカーのECUに1カ月あたり平均30万回の攻撃(アズジェント)

アズジェントは、同社のパートナーであるKaramba Security社のコネクテッドカーECU脆弱性早期発見サービス「ThreatHive」による攻撃レポートを発表した。

フォレンジックで浮気の証拠探し -- 2018年ランキング(デジタルデータソリューション) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

フォレンジックで浮気の証拠探し -- 2018年ランキング(デジタルデータソリューション)

デジタルデータソリューションは、2018年に「デジタルデータフォレンジック」のサービスへ問い合わせがあった法人・個人のランキングを発表した。

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2018.12 画像
脅威動向 株式会社 サイント 代表取締役 兼 脅威分析統括責任者 岩井 博樹

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2018.12

毎月第一営業日前後をめどに、前月に起こったセキュリティ重要事象のふり返りを行う際に、参考資料として活用いただくことを目的に「 Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 」を2019 年 1 月から新たにお届けします。

きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第二回 MBSD診断チーム「セキュリティ診断部門新人向け」 画像
コラム ScanNetSecurity

きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第二回 MBSD診断チーム「セキュリティ診断部門新人向け」

連載二回目の今回は、三井物産セキュアディレクション株式会社 (MBSD) の、業界トップクラスのセキュリティ診断チームメンバー3名に、セキュリティ診断部門の新人エンジニアに向けた3冊を推薦してもらいました。

家庭のセキュリティ教育実施、被害経験のある親比率高い(トレンドマイクロ) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

家庭のセキュリティ教育実施、被害経験のある親比率高い(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、「子どもと保護者のスマートフォン利用に関する実態調査」の結果を発表した。

中小企業のセキュリティ対策、4割以上が「行っていない」(ワンビ) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

中小企業のセキュリティ対策、4割以上が「行っていない」(ワンビ)

ワンビは、「働き方改革と情報セキュリティ」に関するアンケート調査の結果を発表した。

IoTの認識の差がインシデント発生率の差に、2年間で約90億円損失した企業も(デジサート・ジャパン) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

IoTの認識の差がインシデント発生率の差に、2年間で約90億円損失した企業も(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、米デジサート・インクが実施した「IoTセキュリティの現状に関する調査2018」の結果を発表した。

2017年の企業のセキュリティインシデント被害額は2億1千万円(トレンドマイクロ) 画像
調査・ホワイトペーパー 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

2017年の企業のセキュリティインシデント被害額は2億1千万円(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、セキュリティインシデントによる被害とセキュリティ対策の実態を明らかにする調査「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2018年版」を発表した。

このカテゴリの記事をもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×