国内 CNAPP 市場規模 2027年度 257 億円予測 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

国内 CNAPP 市場規模 2027年度 257 億円予測

 株式会社アイ・ティ・アールは6月25日、国内のCNAPP(Cloud Native Application Protection Platform)市場規模の推移と予測を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
CNAPP市場規模推移および予測(2021~2027年度予測)

 株式会社アイ・ティ・アールは6月25日、国内のCNAPP(Cloud Native Application Protection Platform)市場規模の推移と予測を発表した。

 同調査におけるCNAPPは、クラウドアプリケーションのセキュリティを確保するためのフレームワークであり、クラウドの設定やクラウドの利用状況などを監視するCSPM(Cloud Security Posture Management)、クラウドワークロード(クラウド上のサーバ、アプリケーション、仮想マシンなど)の監視と保護を行うCWPP(Cloud Workload Protection Platform)、コンテナセキュリティなどのクラウドセキュリティ機能を統合した包括的な製品を指す。

 CNAPP市場の2022年度の売上金額は前年度比21.8%増の175億8,000万円で、2023年度は前年度比15.5%増の203億円を予測している。

 同調査によると、設定ミスやポリシーに反した利用といった人的要因による情報漏えいやクラウドサービスやクラウド環境のインフラを狙ったサイバー攻撃の増加に伴い、クラウドセキュリティの需要が高まっており、セキュリティベンダーがソリューションを拡充し、参入ベンダーも増加している。ITRでは、同市場のCAGR(年平均成長率)は2022から2027年度は7.9%、2027年度には257億円に達すると予測している。

 ITRのコンサルティング・フェローである藤俊満氏は「クラウドサービスの普及に伴い、現在はCSPMの利用が増加していますが、今後はクラウド環境においてユーザー企業がアプリケーション開発を行う事例が増えることが予想され、CWPPの機能を包括したCNAPPの市場が拡大するとみています」とコメントしている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

    ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

  2. 1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

    1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

  3. 2022年 日本人のサイバー犯罪被害総額 1千億円超、最多遭遇犯罪はフィッシング

    2022年 日本人のサイバー犯罪被害総額 1千億円超、最多遭遇犯罪はフィッシング

  4. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  5. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  6. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  7. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2021年版公表、事故原因最多は「誤送付」

  8. TwoFive が 2024年上半期「フィッシングトレンド」公開 ~「くらし TEPCO」 装い 未払い電気料金の支払い促すフィッシングサイト増加

  9. 敵対的 AI 対抗で「侵入前提」から「予防優先」に転換

  10. 警察庁に報告のあったランサムウェア被害、前年比57.5%増加し230件

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×