業界動向のニュース記事一覧 | 製品・サービス・業界動向 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

製品・サービス・業界動向 業界動向ニュース記事一覧

セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方 画像
セミナー・イベント

セキュリティカンファレンス論文公募の受かり方

国内には、あるいは本誌読者のなかにはセキュリティの逸材がたくさん存在するだろう。業務や立場が許すのなら、CFP 応募と講演を通じて、成長する機会は広く開かれている。

中堅管理者向け認定資格「CASP」日本語版試験12月より開始(CompTIA日本支局) 画像
業界動向

中堅管理者向け認定資格「CASP」日本語版試験12月より開始(CompTIA日本支局)

CompTIA日本支局は、より高度なセキュリティ実務者を対象としたセキュリティの知識とスキルを証明する認定資格「CASP(CompTIA Advanced Security Practitioner)」の日本語試験を12月14日より配信開始すると発表した。

ヤフーが3社目のボードメンバー、FIDOが日本での活動状況を発表(FIDO) 画像
業界動向

ヤフーが3社目のボードメンバー、FIDOが日本での活動状況を発表(FIDO)

FIDOアライアンスは、FIDO認証の日本での普及を加速するためのFIDO Japan WGを中心とした日本に関する活動と概況を発表した。

米業界団体OCFがデジサートを認証局として採用(デジサート・ジャパン) 画像
業界動向

米業界団体OCFがデジサートを認証局として採用(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、米国におけるIoTフレークワークの推進団体であるOCFが、米Eonti社と米デジサート・インクを、それぞれPKI向け登録局と証明書認証局として採用したと発表した。

「超限戦」時代、軍事大国アメリカの迷走 - 書評「大統領失踪」 画像
ブックレビュー

「超限戦」時代、軍事大国アメリカの迷走 - 書評「大統領失踪」

アメリカは世界有数のサイバー攻撃に弱い国家だ。

2017年の国内IoTセキュリティ市場は624億円、2022年には2倍に拡大(IDC Japan) 画像
業界動向

2017年の国内IoTセキュリティ市場は624億円、2022年には2倍に拡大(IDC Japan)

IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)セキュリティ製品市場の2018年~2022年の予測を発表した。

重要インフラ14分野による分野横断的演習を12月13日に開催(NISC) 画像
業界動向

重要インフラ14分野による分野横断的演習を12月13日に開催(NISC)

NISCは、2018年度の重要インフラ分野における「分野横断的演習」の実施について発表した。

USB Type-Cの安全性向上へ、デジサートの認証がUSB-IFに採用(デジサート・ジャパン) 画像
業界動向

USB Type-Cの安全性向上へ、デジサートの認証がUSB-IFに採用(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、USB Type-C認証仕様向け登録および認証局サービスの運用において、USB規格の標準化団体であるUSB Implementers Forum(USB-IF)に採用されたと発表した。

NコムとFFRI 人材育成の新会社設立、代表は小山覚氏(NTT Com、FFRI) 画像
業界動向

NコムとFFRI 人材育成の新会社設立、代表は小山覚氏(NTT Com、FFRI)

NTT ComとFFRIは、高度な技術を有するセキュリティ人材の育成を目指し、新会社を設立することに合意したと発表した。

サイバー犯罪におけるマフィアの機能とロシアンマフィア新潮流:オックスフォード大学研究 画像
セミナー・イベント

サイバー犯罪におけるマフィアの機能とロシアンマフィア新潮流:オックスフォード大学研究

メディアでは、サイバー攻撃とマフィアの関係を報じることはあるが、その詳細をなかなか表にでてこない。マフィア研究では、シェリング、ガンベッタ、ヴァレーゼらの論文が有名だが、新たな論文がジョナサン・ラスタウス氏によって発表された。

2017年度の国内特権ID管理市場は48億円、2022年度には66億円規模に(ITR) 画像
業界動向

2017年度の国内特権ID管理市場は48億円、2022年度には66億円規模に(ITR)

ITRは、国内の特権ID管理市場規模推移および予測を発表した。

セキュリティ競技 Hardening Project、スポンサー参加の新しい形 画像
セミナー・イベント

セキュリティ競技 Hardening Project、スポンサー参加の新しい形

単にお金を出すだけでなく、競技を通じてベンダー自身も成長を促される、セキュリティイベントへの新しいスポンサーの参加の方法として今後の展開が期待される。

産業用IoT環境向けセキュリティの合弁会社を設立(トレンドマイクロ、Moxa) 画像
業界動向

産業用IoT環境向けセキュリティの合弁会社を設立(トレンドマイクロ、Moxa)

トレンドマイクロと、産業コミュニケーションやネットワーキングの企業であるMoxaは、合弁会社「TXOne Networks」の設立に合意したと発表した。

稼働を止めない、産業向けネットワークセキュリティソフトを開発(IIJ) 画像
新製品・新サービス

稼働を止めない、産業向けネットワークセキュリティソフトを開発(IIJ)

IIJは、IBNSの考え方に基づくネットワークセキュリティ対策を実装するソフトウェア「FSEG(エフセグ)」を開発したと発表した。

セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント 画像
セミナー・イベント

セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント

ガートナーのリサーチャー ロブ・マクミラン氏によれば、2020年までにすべての大企業が、CIO、CISOに対して最低年1回の取締役会での報告を求めるようになるという。セキュリティ担当者はどんな報告をすればいいのだろうか。

遂に開催「ペネトレーションテスト最高会議」見えて来る あんな事やこんな事 [Internet Week 2018] 画像
セミナー・イベント

遂に開催「ペネトレーションテスト最高会議」見えて来る あんな事やこんな事 [Internet Week 2018]

実践的なセキュリティ対策評価を行うペネトレーションテストについて、その概要や動向を解説するとともに、ペネトレーションテストを実施する中で得られた知見や、それを活用することで組織にとってどのように役に立ったのかという経験談まで、広く深く掘り下げていきます。

定期購入の説明不十分なページに警告表示、「Chrome 71」から導入(Google) 画像
業界動向

定期購入の説明不十分なページに警告表示、「Chrome 71」から導入(Google)

Googleは、「定期購入ページの説明が不十分な場合は警告が表示されるようになります」と題したブログを、ウェブマスター向け公式ブログで公開した。

2017年度ネットワークセキュリティ関連市場4,471億円、2022年は5,735億円に(富士キメラ総研) 画像
業界動向

2017年度ネットワークセキュリティ関連市場4,471億円、2022年は5,735億円に(富士キメラ総研)

富士キメラ総研は、法人向けネットワークセキュリティ関連の国内市場を調査し、その結果を「2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻・下巻」にまとめたと発表した。

Googleが信頼破棄したSymantec証明書、99%を入れ替え完了(デジサート・ジャパン) 画像
業界動向

Googleが信頼破棄したSymantec証明書、99%を入れ替え完了(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、米デジサート・インク社(デジサート)が、オンライン上における信頼性の主要な移管を問題なく完了したと発表した。

企業向けクラウドセキュリティ市場、2017年の96億円から2022年には220億円(IDC Japan) 画像
業界動向

企業向けクラウドセキュリティ市場、2017年の96億円から2022年には220億円(IDC Japan)

IDC Japanは、国内クラウドセキュリティ市場の2018年~2022年の予測を発表した。

中堅・中小企業向けに月額8万円からのSOCサービス(ソフトクリエイト、S&J) 画像
新製品・新サービス

中堅・中小企業向けに月額8万円からのSOCサービス(ソフトクリエイト、S&J)

ソフトクリエイトは、S&Jと業務提携を10月26日に締結し、SOCサービス「Security FREE」を共同開発、中堅・中小企業に大企業レベルのセキュリティ運用を提供開始すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 521
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×