素早い AED 使用でスポーツ中の心臓突然死はゼロを目指せる ~ 日本 AED 財団 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

素早い AED 使用でスポーツ中の心臓突然死はゼロを目指せる ~ 日本 AED 財団

日本AED財団は7月2日、「『スポーツ現場の突然死』について」と題する緊急メッセージを公開した。6月30日にインドネシアで開催されたバドミントン・アジアジュニア大会の試合中に17歳の中国選手が倒れ、病院に搬送されたものの死亡が確認されたことを受けたもの。

製品・サービス・業界動向

 公益財団法人 日本AED財団は7月2日、「『スポーツ現場の突然死』について」と題する緊急メッセージを公開した。6月30日にインドネシアで開催されたバドミントン・アジアジュニア大会の試合中に17歳の中国選手が倒れ、病院に搬送されたものの死亡が確認されたことを受けたもの。

 この選手は試合中に倒れた後、その場で胸骨圧迫(心臓マッサージ)やAEDの使用が行われないまま搬送された。同財団は、スポーツ中の突然の心停止は決してまれではないが、十分な準備とAEDによる素早い救命措置によりスポーツ中の心臓突然死はゼロを目指すことができるとしている。

 同調査は2024年3月18日~21日、ウェブアンケートにより実施したもの。事前調査は企業・組織に従事する4,941名を対象とし、本調査はそのうちAIを業務で利用している組織の1,000名を対象としている。事前調査の属性は、職業では会社員が84.4%を占め、役職では一般社員が54.5%を占めた。年代や企業規模は比較的均一となっている。

 AEDをすぐに使えば、電気ショックが必要な心停止かどうかをまず器械が判断し、音声で教えてくれる。それに従ってショックボタンを押すとともに、その前後に強く、速く、絶え間ない胸骨圧迫を行うことが救命に重要としている。

 こうした痛ましい事故をなくすためにも、スポーツの参加選手や関係者はその開始前にAEDの場所を確認し、設置されていない場合はAEDを携行することを推奨している。人が目の前で倒れたら医者の到着を待つのではなく、一秒でも早く、現場に居合わせたコーチ、選手、審判、観客の誰もがとっさに手を貸すことが重要である。

 こうした対応は日頃からの訓練が役立つため、同財団ではスポーツ現場におけるEmergency Action Plan(EAP:心臓突然死を防ぐための危機管理対応マニュアル)を提案している。

 この不幸な出来事の翌日である2024年7月1日に、日本ではAEDが使えるようになって20周年を迎えた。このような不幸な出来事を繰り返さないためにも、あらためて、「まず呼ぼう、AED」という言葉を覚えて欲しいと呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. 人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

    人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

  3. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  4. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  5. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  6. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  7. 横展開封じ込め、CrowdStrike 提唱の新指標「1 - 10 - 60」ルールとは?

  8. 2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

  9. 賞金総額 1 万ドル「LINE CTF 2024」GMOイエラエ 国内 1 位

  10. 26,481件の顧客情報を記録したUSBメモリを一時紛失(トランスコスモス)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×