脅威動向のニュース記事一覧 | 脆弱性と脅威 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.23(土)

脆弱性と脅威 脅威動向ニュース記事一覧

三井住友カードを騙るフィッシング報告、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

三井住友カードを騙るフィッシング報告、注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、三井住友カードを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

1位から4位をマイニングマルウェアが占める--月例レポート(チェック・ポイント) 画像
脅威動向

1位から4位をマイニングマルウェアが占める--月例レポート(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、2019年1月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。

国内改ざんサイトの実例を紹介(デジタルアーツ) 画像
脅威動向

国内改ざんサイトの実例を紹介(デジタルアーツ)

デジタルアーツは、「Digital Arts Security Reports」の第一回として「改ざんされたWebサイトの危険性:1」を公開した。

複数の理由で「アカウント検証」をクリックさせようとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

複数の理由で「アカウント検証」をクリックさせようとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、Amazonを騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。

Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者 画像
脅威動向

Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

EMCジャパン RSA事業本部は、「オンライン不正行為の最新トレンドとサイバー攻撃手法の進化」と題するメディアブリーフィングを開催した。

CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣 画像
脅威動向

CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

最近の調査によると、USBドロップ攻撃はほぼ50%の確率で成功し、セキュリティを意識したユーザーでさえも騙されることがわかっています。

スパイ代行業者に狙われた権力監視機関シチズンラボ 画像
海外情報

スパイ代行業者に狙われた権力監視機関シチズンラボ

カナダのトロント大学にあるシチズンラボは、これまで国家が国民に対して行うネット上の検閲や監視活動を多数暴いており、政府向けに監視用のスパイウェアを開発、提供してきたサイバー軍需企業の活動も明らかにしてきた。

便利アプリ装うモバイル向けトロイの木馬、Google Playで複数発見(Dr.WEB) 画像
脅威動向

便利アプリ装うモバイル向けトロイの木馬、Google Playで複数発見(Dr.WEB)

Dr.WEBは、「2019年1月のモバイルマルウェアレビュー」を発表した。主な傾向として、「Google Play上で悪意のあるプログラムを検出」Androidを標的とするスパイウェア型トロイの木馬を検出」の2点を挙げている。

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.1 画像
脅威動向

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.1

 サイバー領域の動向ですが、朝鮮半島に関連した攻撃活動が活発化しているようです。特に経済制裁に苦しむ北朝鮮に関しては、Lazarus グループの活動が複数国で報告されています。

仮想通貨が使用するポートへの検知数が大幅増加(警察庁) 画像
脅威動向

仮想通貨が使用するポートへの検知数が大幅増加(警察庁)

警察庁は、同庁のセンサーに対するアクセス観測状況をまとめた「平成30年12月期観測資料」を「@police」において公開した。

[インタビュー] 転換期にあるエンドポイントセキュリティに 4 つのテクノロジーで価値を提供(CrowdStrike Japan) 画像
新製品・新サービス

[インタビュー] 転換期にあるエンドポイントセキュリティに 4 つのテクノロジーで価値を提供(CrowdStrike Japan)

「エンドポイントセキュリティの世界では今、新しいテクノロジーによる技術競争が起きている」と述べるのが、CrowdStrike Japan株式会社 ジャパン・カントリー・マネージャー 河合哲也氏だ。河合氏に、転換期にあるエンドポイントセキュリティの現状について聞いた。

企業への攻撃数が増加傾向、特に50~199人規模が突出(サイバーセキュリティクラウド) 画像
調査・ホワイトペーパー

企業への攻撃数が増加傾向、特に50~199人規模が突出(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、2018年のサイバー攻撃の実情についてまとめた「サイバー攻撃白書2018」を発表した。

10大脅威、個人は“だましの手口”が増加、組織はサプライチェーンが初(IPA) 画像
脅威動向

10大脅威、個人は“だましの手口”が増加、組織はサプライチェーンが初(IPA)

IPAは、「情報セキュリティ10大脅威 2019」を発表した。2018年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案をランキングしたもの。

DNS設定の改ざんによるドメイン名ハイジャックに注意喚起(JPRS) 画像
脅威動向

DNS設定の改ざんによるドメイン名ハイジャックに注意喚起(JPRS)

JPRSは、「米国国土安全保障省によるDNS設定の改ざんに関する緊急指令の公開について」とする緊急情報を公開した。

海賊MMO「ATLAS」サーバー管理者アカウントへの不正アクセス、不自然な現象が多発 画像
脅威動向

海賊MMO「ATLAS」サーバー管理者アカウントへの不正アクセス、不自然な現象が多発

『ARK』開発元で知られるStudio Wildcardの姉妹デベロッパーGrapeshot Gamesが手がける海賊MMO『Atlas』。Steam早期アクセス中の同作ですが、なんと一時、意図せず航空機や戦車がゲームに出現する事態になってしまったようです。

LinuxやIoTを狙う新たな不正プログラムなど--2018年のマルウェア傾向(Dr.WEB) 画像
脅威動向

LinuxやIoTを狙う新たな不正プログラムなど--2018年のマルウェア傾向(Dr.WEB)

Dr.WEBは、2018年の年間ウイルスレビューを発表した。

三井住友銀行を騙るシンプルなメールに注意(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

三井住友銀行を騙るシンプルなメールに注意(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、三井住友銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。

インシデント報告件数、「フィッシングサイト」と「スキャン」が拮抗(JPCERT/CC) 画像
脅威動向

インシデント報告件数、「フィッシングサイト」と「スキャン」が拮抗(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2018年10月1日から12月31日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

Amazonプライム会員の更新のためにカード情報を登録させるニセメール(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

Amazonプライム会員の更新のためにカード情報を登録させるニセメール(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、Amazonを騙るフィッシングメールが出回っているとして、注意喚起を発表した。

スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス) 画像
脅威動向

スマートスピーカーや5G回線の悪用など予測--2019年のセキュリティ(ジュニパーネットワークス)

ジュニパーネットワークスは、2019年のITトレンド予測を発表した。「サービスプロバイダ編」「セキュリティ編」「クラウド編」の3つのカテゴリで予測を行っている。

「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA) 画像
脅威動向

「Windows 7」のサポート終了まで一年、注意を呼びかけ(IPA)

IPAは、「複数の Microsoft 社製品のサポート終了に伴う注意喚起」を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 155
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×