脅威動向のニュース記事一覧 | 脆弱性と脅威 | ScanNetSecurity
2019.10.17(木)

脆弱性と脅威 脅威動向ニュース記事一覧

「地政学的リスクや、ハクティビストなどは十分に考慮に入れて欲しい」日本を取り巻くサイバー脅威を CrowdStrike が解説 画像
業界動向

「地政学的リスクや、ハクティビストなどは十分に考慮に入れて欲しい」日本を取り巻くサイバー脅威を CrowdStrike が解説PR

「脅威インテリジェンス」活用の重要性が高まっているが、日本が直面する脅威、特に、2020年オリンピック大会を迎えたサイバー脅威にはどのようなものがあるか、2019年9月11日開催のセミナーにて、CrowdStrikeのアダム・マイヤーズ氏が解説した。

ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」 画像
コラム

ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

こんまりメソッドの片付けの手法でセキュリティ対策を片付けて、セキュリティでときめくことはできないか、考えてみたよ。

NRIセキュアの EDR 製品選定、CrowdStrike Falcon を選ぶまで 画像
新製品・新サービス

NRIセキュアの EDR 製品選定、CrowdStrike Falcon を選ぶまでPR

「お客様が、どの EDR がいいかを選ぶ必要などないように、第三者である我々が製品選定に徹底的に時間を費やしました」と語る木内氏に、製品選定プロセスとサービスにかける思いを聞いた。

国内マルウェア動向から MITRE ATT&CK の使い方まで、キヤノンMJ マルウェアラボと ESET の技術力が魅せる 80 分間 画像
セミナー・イベント

国内マルウェア動向から MITRE ATT&CK の使い方まで、キヤノンMJ マルウェアラボと ESET の技術力が魅せる 80 分間PR

ATT&CKフレームワークは、200 種類以上の攻撃手法や戦術を分析、作成された包括的なサイバーセキュリティのフレームワークであり、ナレッジベースでもあります。

米国防総省がサプライチェーン保護のセキュリティ認証公開 ほか ~ 2019 年 9 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary] 画像
脅威動向

米国防総省がサプライチェーン保護のセキュリティ認証公開 ほか ~ 2019 年 9 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

米国防総省はサプライチェーンに関連した脅威を重く受け止め、ペンタゴンの機密データを扱う請負業者向けに Cybersecurity Maturity Model Certification ( CMMC )を公開しました。複雑でクモの巣のようなサプライチェーンを隅々まで保護することを目的としています。

「Elasticsearch」の脆弱性を狙うアクセスが増加(警察庁) 画像
脅威動向

「Elasticsearch」の脆弱性を狙うアクセスが増加(警察庁)

警察庁は、「Elasticsearchの脆弱性を標的としたアクセスの増加等について」とする注意喚起を「@police」において公開した。

「御社サイト、改ざんされています」独自の CSR 活動「Dアラート」を行うデジタルアーツが提唱する、Web × メールの「無菌室」化とは? 画像
セミナー・イベント

「御社サイト、改ざんされています」独自の CSR 活動「Dアラート」を行うデジタルアーツが提唱する、Web × メールの「無菌室」化とは?PR

メールや問い合わせフォームでの連絡がつかない場合、代表電話に直接架電するという。正直なかなか勇気のある行動といわざるを得ない。

CrowdStrike Adversary Calender 2019 年 10 月 画像
TheRegister

CrowdStrike Adversary Calender 2019 年 10 月

「CrowdStrike アドバーサリーカレンダー」は「アドバーサリー(敵性国家)」に関わる、サイバー攻撃に影響を及ぼす可能性がある(あるいは過去影響を及ぼした)地政学的出来事の情報を提供している点に最大の特長があります。記事末尾には当月の記載事項を付記します。

三井住友銀行を騙るメール、消費税率引き上げも口実に(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

三井住友銀行を騙るメール、消費税率引き上げも口実に(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、三井住友銀行を騙るフィッシングメールやSMSの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

ツイッターやインスタのフェイクアカウントが生まれるところ ~ ソーシャルメディア操作「産業」その実態とエコシステム 画像
セミナー・イベント

ツイッターやインスタのフェイクアカウントが生まれるところ ~ ソーシャルメディア操作「産業」その実態とエコシステム

ソーシャルメディアの操作(ソーシャルメディアマニピュレーション)は、すでに現実の問題となっている。「いいね」やフォロワーは簡単に金で買うことができる。購入可能なフォロワーはどのように作られているのだろうか。

CrowdStrike Blog:攻撃者の十八番~認証情報の盗取 画像
海外情報

CrowdStrike Blog:攻撃者の十八番~認証情報の盗取

CrowdStrikeの調査では、フィッシングの成功、ブルートフォース攻撃、あるいは認証情報ダンプが最もよく使われる認証情報詐取の手法であることが確認されています。

イオンクレジットサービスを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

イオンクレジットサービスを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、イオンクレジットサービスを騙るフィッシングメールの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、日本郵便を騙るSMS、およびマイクロソフトを騙るフィッシングメールの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )とは何者か? 画像
海外情報

CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )とは何者か?

Fancy Bear として知られる国家主導の犯罪者グループは、知られる限り2008年から活動しており、世界中のさまざまな組織にとって脅威となっています。

LINE騙るフィッシングメール、空白の多い文面も確認(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

LINE騙るフィッシングメール、空白の多い文面も確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、LINEを騙るフィッシングメールの報告が増えているとして、注意喚起を発表した。

新規登録ドメインの七割が怪しい、作成 32 日未満ドメインはブロック推奨 ~ 1,530 TLD 新規ドメイン調査結果解説(The Register) 画像
TheRegister

新規登録ドメインの七割が怪しい、作成 32 日未満ドメインはブロック推奨 ~ 1,530 TLD 新規ドメイン調査結果解説(The Register)

IT 管理者が、作成から 1 ヵ月未満のあらゆるウェブドメインへのアクセスを禁止すると、マルウェアをはじめとするインターネット上の怪しいコンテンツから効果的にユーザーを守ることができる。

「プロダクトキーが違法コピー」マイクロソフトの偽メールを確認(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

「プロダクトキーが違法コピー」マイクロソフトの偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、マイクロソフトを騙るフィッシングメールの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

オンラインストレージを悪用するフィッシング詐欺が増加(BBSS) 画像
脅威動向

オンラインストレージを悪用するフィッシング詐欺が増加(BBSS)

BBSSは、「インターネット詐欺リポート(2019年7月度)」を発表した。

エンタープライズソフトウェアによる顧客機密情報の収集・送信が発見される(The Register) 画像
TheRegister

エンタープライズソフトウェアによる顧客機密情報の収集・送信が発見される(The Register)

エンタープライズセキュリティ、データ分析、ハードウェア管理ツールなど、データの安全を維持するために利用されるそれらのツールは、顧客が考えるよりはるかに多くの情報を収集、共有している。

提唱から10 年、見直されるサイバーキルチェーン ほか ~ 2019 年 8 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary] 画像
脅威動向

提唱から10 年、見直されるサイバーキルチェーン ほか ~ 2019 年 8 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

Carbon Black 社が「Cognitive Attack Loop」を提唱し、NIST が APT に対する「Cyber Resilience Guidance」を9月にリリースすることを発表するなど、サイバーセキュリティ対策において新たな動きがありそうです。

東京メトロを騙りキャンペーンサイトに誘導する偽メール(フィッシング対策協議会) 画像
脅威動向

東京メトロを騙りキャンペーンサイトに誘導する偽メール(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、東京メトロを騙るフィッシングメールの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 160
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×