観光庁が注意喚起、Booking.com 利用者へのフィッシング被害 | ScanNetSecurity
2024.03.03(日)

観光庁が注意喚起、Booking.com 利用者へのフィッシング被害

 観光庁は11月15日、Booking.com利用者へのフィッシング被害に関する注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000354.html

 観光庁は11月15日、Booking.com利用者へのフィッシング被害に関する注意喚起を発表した。

 Booking.com 社が提供し、宿泊施設で管理する宿泊予約情報管理システムに不正アクセスがあり、一部の旅行者に対しクレジットカードなどの情報を求めるフィッシングサイトへ誘導するメッセージが配信される事案が発生していると、同庁に報告があったとのこと。

 Booking.com 社でも9月19日に、予約のあった顧客に対しメールやチャットでクレジットカード情報を求めたり、支払いを要求したりすることはないと公表している。

 これまでに株式会社ホテルグランヴィア大阪が6月2日に、株式会社共立メンテナンスは6月9日に、株式会社コスモスホテルマネジメントは6月12日に、竹川観光株式会社では8月15日に、Booking.com 管理システムへの不正アクセスについて公表している。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 「読売新聞オンライン」の偽サイトに注意を呼びかけ、SNSや複数サイトで広告を確認

    「読売新聞オンライン」の偽サイトに注意を呼びかけ、SNSや複数サイトで広告を確認

  2. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  3. ASUS ルータの認証情報漏えい、対策を NICTER Blog が解説

    ASUS ルータの認証情報漏えい、対策を NICTER Blog が解説

  4. 「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

  5. JNSAを騙る振込詐欺電話、実在する職員氏名を詐称

  6. 同性異性問わず接触「mixi」でのオンライン詐欺に注意呼びかけ

  7. スマートフォンアプリ「Lemon8」にアクセス制限不備の脆弱性

  8. PC版「ダークソウル」シリーズのサーバを一時停止、攻撃者が任意のコードを実行できる脆弱性

  9. 典型的なアンケート詐欺を「Instagram」アプリ上でも確認(トレンドマイクロ)

  10. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×