研修・セミナー・カンファレンスニュース|ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.26(水)

研修・セミナー・カンファレンス

世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード) 画像
セミナー・イベント 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

マキナレコードは、サイバー攻撃を未然に防ぎ、備えるための「インテリジェンス」を活用するためのセキュリティカンファレンス「Cyber Intelligence Summit 2019」を7月22日、ベルサール神田にて開催する。

無料で参加できる「夏休み親子セキュリティ教室」全国4カ所で開催(トレンドマイクロ) 画像
業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

無料で参加できる「夏休み親子セキュリティ教室」全国4カ所で開催(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、小学校高学年(4~6年生)の子供とその保護者を対象とした「夏休み親子セキュリティ教室」を開催すると発表した。

「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT) 画像
セミナー・イベント 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

SHIFTは、第4回 サイバーセキュリティ アカデミー「脆弱性診断の内製化にお困りの開発者様へ“ビジネスを加速させる、脆弱性診断の内製化とは”」を2019年7月12日(16時~18時30分)に開催する。

Google セキュリティ保証チーム 脆弱性事件簿 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

Google セキュリティ保証チーム 脆弱性事件簿

GoogleにはPROJECT ZEROという市井ソフトウェアの脆弱性発見プログラムがあるが、自社製品についてもリリース前のセキュリティ監査やバグや脆弱性をFIXさせるチーム、Gooogle Security Assurance Teamが存在する。

物理・ネット融合領域から生まれるリスク~韓国 SECON 2019 レポート 画像
セミナー・イベント 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

物理・ネット融合領域から生まれるリスク~韓国 SECON 2019 レポート

開催 19 回目の本年は、17 カ国 450 社の出展企業が集まり、32 カ国 47,402 人の来場者がありました。いくつか印象が強かった展示をピックアップしてみたいと思います。

PCIDSS特化型脆弱性診断のハンズオントレーニング開催(fjコンサルティング) 画像
セミナー・イベント ScanNetSecurity

PCIDSS特化型脆弱性診断のハンズオントレーニング開催(fjコンサルティング)

fjコンサルティング株式会社は6月25日から2日間、PCIDSS要件に特化したセキュリティ診断のハンズオントレーニングを都内で開催する。

ACD(攻撃的サイバー防衛)はどこまで許されるのか 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

ACD(攻撃的サイバー防衛)はどこまで許されるのか

攻撃は最大の防御という言葉がある。脅威インテリジェンス、ハックバック、防衛的サイバー攻撃といった行為は、アクティブサイバーディフェンス(攻撃的サイバー防衛)と呼ばれ、しばしば議論の元になる。

MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業 画像
セミナー・イベント 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

MBSD国分裕の「脆弱性診断士育成」カリスマ授業

「診断ってもの自体将来なくなったらいいんじゃないのかなとは思っています。(国分)」

サイバー攻撃被害、日韓に存在した共通点 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

サイバー攻撃被害、日韓に存在した共通点

韓国の脅威分析と日本との関係に着目したセッションが、2018年10月に開催されたCODEBLUEで行われた。その内容を元に、日韓両国の脅威事情を紹介する。講演者はチャ・ミンソク氏(AnLab)。

中国サイバー攻撃組織の行動原則、中国製造 2025 と超限戦 画像
セミナー・イベント 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

中国サイバー攻撃組織の行動原則、中国製造 2025 と超限戦

「(サイバー攻撃によって)たとえば企業の株価がドカンと下がるとか、急に市場がなくなるという訳ではなく、少しずつ中国が競争力を上げて、市場に浸透し、類似商品でマーケットを取られていくような構図が背景にある(柳下氏)」

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.4 画像
脅威動向 株式会社 サイント 代表取締役 兼 脅威分析統括責任者 岩井 博樹

Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2019.4

先月は、Kaspersky 社の主催する SECURITY ANALYST SUMMIT がシンガポールで開催され、多くの注目すべき脅威情報が発表されました。中でも、新たな APT フレームワーク「 TajMahal 」は、技術的な観点以外でも謎めいており、注目が集まりました。

蘇る ISMS、カギは2つの交絡因子 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

蘇る ISMS、カギは2つの交絡因子

本誌既報通り、セキュリティポリシーや管理スキームを導入した企業ほど逆にセキュリティインシデントを起すリスクが高いという、セキュリティ関係者にとって到底聞き捨てならぬ結果が出た訳だが、この結果が検証された。

教育機関に対するサイバー攻撃の傾向を事例を交えて紹介(FireEye) 画像
セミナー・イベント 田口さとみ@リセマム

教育機関に対するサイバー攻撃の傾向を事例を交えて紹介(FireEye)PR

 堅牢なセキュリティを必要とする組織向けのソリューションを提供しているFireEyeは、マイナビと共催の大学・教育機関向けセミナー「FireEye SECURITY FRONTLINE ~サイバーセキュリティ最前線:見えない脅威に、どう立ち向かうか~」を2019年5月30日に開催する。

脆弱性診断の8割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

脆弱性診断の8割を標準化する:脆弱性診断, インシデントレスポンス, 脅威インテリジェンス…セキュリティプロセス標準化を考える

セキュリティ対策、とくにインシデント対応や脆弱性診断の標準化に取り組むSHIFT SECURITYが、この課題に関するセミナー「サイバーセキュリティアカデミー」を開催した。同社

初の大阪開催~脅威実態とインシデント分析、DeNAのEDR導入事例まで(CrowdStrike) 画像
セミナー・イベント 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

初の大阪開催~脅威実態とインシデント分析、DeNAのEDR導入事例まで(CrowdStrike)PR

CrowdStrikeは「2019 CrowdStrike Forum in Osaka」を4月19日に開催する。

優秀な技術者が、勤務するハイテク企業に倫理的行動を日常的に要求するとき世界に大きな変化がもたらされる(The Register) 画像
TheRegister The Register

優秀な技術者が、勤務するハイテク企業に倫理的行動を日常的に要求するとき世界に大きな変化がもたらされる(The Register)

シュナイアー氏が最新著書『 Click Here to Kill Everybody: Security and Survival in a Hyper-connected World 』へのサインを終えた後、私たちは彼と対談を行い、詳しく話を聞いた。

x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

CVE-2018-8897によれば、x86アーキテクチャ(インテル、AMD)には、スタックセグメントを操作するx86命令の脆弱性によりユーザーモードからカーネルモードへのエスカレーションが発生するシーケンスが存在するという。

車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省) 画像
セミナー・イベント レスポンス編集部@レスポンス

車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

国土交通省は、車検証を電子化するため「自動車検査証の電子化に関する検討会」を、3月8日に開催し、電子化するのに必要な技術的要件について検討する。

西本逸郎の最近の頭の中 画像
セミナー・イベント 株式会社イメージズ・アンド・ワーズ 鳴海まや子

西本逸郎の最近の頭の中PR

本稿は縦横無尽に展開した同氏の談話に基づき、講演を128倍楽しむための事前情報をお伝えする。

民間対民間のサイバー時代の終焉 ~ サイバーリーズン エバンジェリスト 増田幸美氏 画像
セミナー・イベント ScanNetSecurity

民間対民間のサイバー時代の終焉 ~ サイバーリーズン エバンジェリスト 増田幸美氏PR

イスラエルの精鋭サイバー部隊 Unit8200 の出身者によって設立された Cybereason 社は、米政府機関の所在するワシントンに近く、またAI研究のメッカでもあるボストンに本社を置く先進セキュリティ企業だ。

「マルウェア完全に理解した」キヤノンマーケティングジャパン社マルウェアラボのお仕事 画像
セミナー・イベント 中尾 真二( Shinji Nakao )

「マルウェア完全に理解した」キヤノンマーケティングジャパン社マルウェアラボのお仕事PR

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は 3 月初旬に開催されるセキュリティカンファレンス「SecurityDays Spring 2019」で、2018 年のサイバー攻撃の総括と、2019 年の動向を予想する講演を行う。登壇するのは、同社マルウェアラボ、池上雅人氏だ。

このカテゴリの記事をもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×