GMOイエラエのドローン向け脆弱性診断が「Japan Drone & AAM Awards 2024」受賞 | ScanNetSecurity
2024.07.20(土)

GMOイエラエのドローン向け脆弱性診断が「Japan Drone & AAM Awards 2024」受賞

 GMOインターネットグループは6月12日、「Japan Drone/次世代エアモビリティEXPO 2024」に、トップスポンサーである「Platinum Sponsor」として出展したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス
GMOインターネットグループのブース

 GMOインターネットグループは6月12日、「Japan Drone/次世代エアモビリティEXPO 2024」に出展し、「Japan Drone & AAM Awards 2024」の二部門で受賞したと発表した。

 一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が主催する「Japan Drone/次世代エアモビリティ EXPO 2024」は、6月5日から7日までの3日間、幕張メッセで開催された国内最大級のドローン・eVTOLの国際展示会。

 GMOインターネットグループでは、GMOグローバルサインによる「暗号セキュリティ」と、GMOサイバーセキュリティ byイエラエが提供する「サイバーセキュリティ」が、安心・安全な空の移動に必須であることを来場者に伝え、ドローンや空飛ぶクルマの普及を支援するために、2022年より3年連続で「Japan Drone/次世代エアモビリティEXPO 2024」に出展している。

 GMOインターネットグループのブースでは、「すべての空にセキュリティを」をテーマにVRを使った空飛ぶクルマの飛行体験を提供、参加者は飛行中にセキュリティリスクに直面するが、GMOインターネットグループのセキュリティ技術で機体が守られていることを実感でき、3日間で約4,000人の顧客がブースに来場し、約1,000人がVRを体験したという。

 「Japan Drone & AAM Awards 2024」では、GMOサイバーセキュリティ byイエラエが「Advanced Air Mobility部門」で、GMOグローバルサイン・ホールディングスが「ソフトウェア・アプリケーション部門」で受賞している。

 GMOインターネットグループは今後も、様々な取り組みを通じて安心・安全な「空の移動革命」を実現するために、さらなるセキュリティ対策技術の開発に取り組む。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

    ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  2. 自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

    自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

  3. Microsoft Defender に擬装しマルウェアを歓迎する攻撃ツール

    Microsoft Defender に擬装しマルウェアを歓迎する攻撃ツール

  4. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  5. 「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

  6. クラウドストライク鈴木滋が語るCrowdStrike Falconへの製品愛

  7. クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催

  8. LINEヤフー社 Digital Crime Unit の取り組みほか ~ フィッシング対策セミナー講演資料 5 本公開

  9. 【オフィスセキュリティEXPO】「ビスコ」をコンパクトな収納サイズで長期保存可能に(江崎グリコ)

  10. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×