HTMLで作成しOCR回避 ~ 新たなQRコードフィッシング手法 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

HTMLで作成しOCR回避 ~ 新たなQRコードフィッシング手法

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は6月25日、ASCIIコードをベースとする新たなQRコードフィッシングの手法を発見したと発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
(画像1)フィッシングに含まれていたQRコード
  • (画像1)フィッシングに含まれていたQRコード
  • HTMLで作成されたQRコード

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は6月25日、ASCIIコードをベースとする新たなQRコードフィッシングの手法を発見したと発表した。

 同社によると、QRコードフィッシングの脅威は急速な進化を続けており、QRコード攻撃のタイプにも変化が確認されており、現在はQRコードの操作という新たな進化を遂げているという。

 Harmony Emailに関わるチェック・ポイントのリサーチャーが発見した新たなキャンペーンでは、QRコードが画像ではなく、HTMLとASCII文字で作成されており、5月下旬に600通を超える同様のメールを確認している。

 フィッシングメールに含まれていたのは、画像1のQRコードで、通常のQRコードとの違いを見極めるのは非常に困難という。

(画像1)

 従来フィッシングに使用されたQRコードは画像であったが、新しく利用されたものはOCRエンジンの回避を目的としてHTMLで作成されている。攻撃者の基本的な手法は、HTMLの中に小さなブロックを配置するというもので、メール上ではQRコードのように表示されるが、一般的なOCRはこれを認識できないとのこと。

HTML で作成された QR コード

 チェック・ポイントによると、これらの攻撃から身を守るためにセキュリティ専門家に推奨される対策は下記の通り。

・メールに埋め込まれたQRコードを自動的に解読し、悪意あるコンテンツの存在に関してURLを分析するセキュリティの導入
・メール本文に埋め込まれたQRコードを書き換え、安全なリンクに置き換えられるセキュリティの活用
・高度なAIを活用してフィッシングの兆候を示す複数の指標を調べるセキュリティの導入

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 2022年 日本人のサイバー犯罪被害総額 1千億円超、最多遭遇犯罪はフィッシング

    2022年 日本人のサイバー犯罪被害総額 1千億円超、最多遭遇犯罪はフィッシング

  2. 1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

    1,952 社から 9,208 件の報告 ~ 2023年度 Pマーク付与事業者の個人情報取扱いにおける事故

  3. ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

    ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

  4. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  5. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  6. ISOG-J「脆弱性トリアージガイドライン作成の手引き」公開

  7. TwoFive が 2024年上半期「フィッシングトレンド」公開 ~「くらし TEPCO」 装い 未払い電気料金の支払い促すフィッシングサイト増加

  8. 2023 年度の情報セキュリティ市場は 1 兆 4,628 億円 9.8 %成長 ~ JNSA調査

  9. CrowdStrike、ウクライナ関係機関への破壊的オペレーションについて予測

  10. 拡張子「.akira」で暗号化するランサムウェア「Akira」~ 1988年のあの映画か

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×