賞金総額 1 万ドル「LINE CTF 2024」GMOイエラエ 国内 1 位 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

賞金総額 1 万ドル「LINE CTF 2024」GMOイエラエ 国内 1 位

 GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社は4月9日、LINEヤフー株式会社主催の「LINE CTF 2024」で国内1位を獲得したと発表した。

製品・サービス・業界動向
「LINE CTF2024」のスコア

 GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社は4月9日、LINEヤフー株式会社主催の「LINE CTF 2024」で国内1位を獲得したと発表した。

 LINEヤフーのセキュリティチームが主催する「LINE CTF」は、オンライン開催/チーム戦のCTF大会で、多くの人にセキュリティ技術への関心を持ってもらうことや継続的なコミュニティの発展につながることを目的に、2021年から毎年開催されている。4回目となる今年は、情報セキュリティ分野に興味関心のある学生やエンジニア約1,200チーム(約2,700名)が世界中から参加した。賞金総額は1万ドルで、1位に5,000ドル、2位に3,000ドル、3位に2,000ドルが贈られた。

 「LINE CTF 2024」では、制限時間24時間で隠されているFlag(答え)を見つけ出し、より多くポイントを獲得したチームが優勝となり、複数チームが全問正解した場合は先に解答したチームが勝利となる。GMOイエラエは出題された問題に全問正解したが、解答の時間差で全体成績としては世界2位、日本国内のチームとしては1位となった。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

  2. 普及進むBIMI、運用時によくある間違いとその対策 ~ TwoFiveとデジサートの識者語る

    普及進むBIMI、運用時によくある間違いとその対策 ~ TwoFiveとデジサートの識者語る

  3. 編集長対談:世界で最も安全なバグバウンティ、クラウドソーシングでサイバー攻撃に競争原理を ~ Synack 三好 一久

    編集長対談:世界で最も安全なバグバウンティ、クラウドソーシングでサイバー攻撃に競争原理を ~ Synack 三好 一久

  4. ハンゲームから顧客情報が流出、同社の元アルバイトが逮捕

  5. イエラエ CSIRT支援室 第 31 回 OSCP受験記

  6. ファイアウォール経由でファイル転送が行える「Linkexpress Advanced Edition」を発売(富士通)

  7. 派遣社員が会員情報を不正に持ち出し販売、46万名分の個人情報が流出(ルーク 19)

  8. Salesforce の設定不備の問題はなぜ起きたのか? ~ SHIFT SECURITY が 3 つの無償サービスを続ける理由

  9. 「EDR? あるよ」~ NOC+SOC+エンドポイント監視、NetStareが目指すところ

  10. Twitterの青い「認証マーク」を本人確認なしで購入可能に、なりすましは厳罰化

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×