製品・サービス・業界動向ニュース記事一覧 | ScanNetSecurity
2020.01.26(日)

製品・サービス・業界動向ニュース記事一覧

iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス) 画像
新製品・新サービス

iOS、Androidに過剰な利用料金課すフリースウェア、ルールの紙一重を突く(ソフォス)

ソフォスは、モバイル向けのセキュリティ対策製品「Intercept X for Mobile」の新版、および調査レポート「Fleeceware Apps Persist on the Play Store(Play Storeに巣くうフリースウェアアプリ)」(英語版)を発表した。

脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるか 画像
業界動向

脆弱性診断の「T型フォード」、技術標準化は学生のセキュリティ業界就職の可能性広げるかPR

現在、そして将来迎えるであろう技術者の人材不足を企業はどう超えていけばいいのか。近畿大学工学部教授 電子情報工学科 学科長 就職指導委員会 委員長である竹田 史章 工学博士と、株式会社SHIFT SECURITY 代表取締役社長 松野 真一 氏との対談が行われた。

「Exosphere Endpoint Protection」シリーズにDLP製品など追加(JSecurity) 画像
新製品・新サービス

「Exosphere Endpoint Protection」シリーズにDLP製品など追加(JSecurity)

JSecurityは、サイバー攻撃やミスによる機密情報の漏えいを効率的に防ぐDLPを一元管理できるサービス「Exosphere Endpoint Protection DLP」および「Exosphere Endpoint Protection PRO」の発売を開始した。

O365活用クラウドサービスにOutlookアドインの誤送信対策ツール追加(SBT) 画像
新製品・新サービス

O365活用クラウドサービスにOutlookアドインの誤送信対策ツール追加(SBT)

SBTは、さまざまなビジネス課題を解決するためのソリューションブランド「clouXion(クラウジョン)」に、クライアント型メール誤送信対策「Mail Alert」を追加したと発表した。

クラウド環境でもオンプレミスと同じ監視を「Deep Security」で実現(NTTデータ先端技術) 画像
新製品・新サービス

クラウド環境でもオンプレミスと同じ監視を「Deep Security」で実現(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、クラウド化を検討しているユーザに向けて「Deep Security 監視サービス」の提供を開始すると発表した。

機械学習とAIで工場IoTの可視化と異常の予兆検知、対応策を提示(ネットワンパートナーズ) 画像
新製品・新サービス

機械学習とAIで工場IoTの可視化と異常の予兆検知、対応策を提示(ネットワンパートナーズ)

ネットワンパートナーズは、イスラエルのSCADAfence社とValue Added Distributor契約を締結したと発表した。

汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者 画像
セミナー・イベント

汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

ダークウェブへの入り口ともいえるTorブラウザ。オニオンルーターという追跡を困難にするしくみを利用したブラウザで、ブラック、ホワイトを問わずハッカー御用達ブラウザといってよい。そのTorが悪人によって汚染されていたらどうなるのか?

脆弱性情報を自動収集、リスク情報をレポートするサービスのβ版(エイチ・シー・ネットワークス) 画像
新製品・新サービス

脆弱性情報を自動収集、リスク情報をレポートするサービスのβ版(エイチ・シー・ネットワークス)

エイチ・シー・ネットワークスは、セキュリティ対策向けWebサービスとして「VI-Engine」(ブイアイ エンジン)のβサービスを開始したと発表した。

コネクテッドカーのセキュリティで協業、年内にソリューション展開予定(富士通、Upstream Security) 画像
業界動向

コネクテッドカーのセキュリティで協業、年内にソリューション展開予定(富士通、Upstream Security)

富士通とイスラエルのUpstream Securityは、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意したと発表した。

「自分たちの方が顧客に付加価値を提供できる」PCI DSS 準拠のための脆弱性スキャンとペネトレーションテスト内製化を実現 ~ スマート・ツー株式会社 画像
セミナー・イベント

「自分たちの方が顧客に付加価値を提供できる」PCI DSS 準拠のための脆弱性スキャンとペネトレーションテスト内製化を実現 ~ スマート・ツー株式会社PR

本稿では、その受講企業のひとつであるスマート・ツー株式会社 代表取締役社長 宗景 梨香 氏に、その目的や受講成果などについて詳しい話を聞いた。

BAシステムへのサイバーフィジカルセキュリティ対策に向けた実証実験開始(パナソニック、東京建物) 画像
業界動向

BAシステムへのサイバーフィジカルセキュリティ対策に向けた実証実験開始(パナソニック、東京建物)

パナソニックと東京建物は、BAシステムのサイバー・フィジカル・セキュリティ対策に向け、パナソニックが開発中であるBAシステム向けサイバーセキュリティソリューションの実証実験を首都圏にある東京建物の既存ビルで実施することに合意した。

トレンドマイクロの制御システム向けセキュリティ製品を販売(TED) 画像
新製品・新サービス

トレンドマイクロの制御システム向けセキュリティ製品を販売(TED)

TEDは、トレンドマイクロと国内販売代理店契約を締結し、産業制御システム向けネットワークセキュリティ製品を受注開始すると発表した。

上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか 画像
新製品・新サービス

上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

上野の口からは、以前構想はしたものの、まだ着手すらしていない国産SIEMの開発のきわめて具体的な話が突然飛び出したという。井手はそのとき、夢の具体化と目標までの道のりが一歩進んだことを実感した。

セキュリティ関連機器・システム・サービス市場、引き続き堅調な伸び(富士経済) 画像
業界動向

セキュリティ関連機器・システム・サービス市場、引き続き堅調な伸び(富士経済)

富士経済は、セキュリティ関連の機器・システム・サービスの国内市場について調査した報告書「2019 セキュリティ関連市場の将来展望」を発売した。

シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収(アクセンチュア) 画像
業界動向

シマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収(アクセンチュア)

アクセンチュアは、AccentureがBroadcomからシマンテックのサイバーセキュリティサービス事業を買収することに同意したと発表した。

サイント岩井博樹の 2019 年全体総括 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary] 画像
脅威動向

サイント岩井博樹の 2019 年全体総括 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

2019 年は全体的なサイバー攻撃傾向として、サプライチェーンや取引先を通じたサイバー攻撃事案が多く確認されました。包括的なサイバーセキュリティ対策が世界的に求められていますが、その責任範囲を示すものが無い上、現実的な対応にも限界が見られました。

NetStare SuiteのアラートをChatworkに通知可能に(セキュアヴェイル、Chatwork) 画像
業界動向

NetStare SuiteのアラートをChatworkに通知可能に(セキュアヴェイル、Chatwork)

セキュアヴェイルはChatworkと提携し、セキュアヴェイルが独自に開発・提供するマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「NetStare Suite」のアラート通知機能を強化したと発表した。

「ARCACLAVIS」などセキュリティ事業を両備システムズに譲渡(ジャパンシステム) 画像
業界動向

「ARCACLAVIS」などセキュリティ事業を両備システムズに譲渡(ジャパンシステム)

ジャパンシステムは、両備システムズとの間で、ジャパンシステムのセキュリティ事業の譲渡に関する基本合意書を締結したと発表した。

取引主体識別子(LEI)の利用拡大で協業、メリット探る(デジサート・ジャパン) 画像
業界動向

取引主体識別子(LEI)の利用拡大で協業、メリット探る(デジサート・ジャパン)

米デジサート・インクとユビセキュアは、組織のアイデンティティに関する課題の解決を図るため、デジサートのソリューションにLEIを加える取り組みにより協業すると発表した。

2018年度ネットワークセキュリティ関連市場は約5千億円、2023年は6.6千億円に(富士キメラ総研) 画像
業界動向

2018年度ネットワークセキュリティ関連市場は約5千億円、2023年は6.6千億円に(富士キメラ総研)

富士キメラ総研は、法人向けネットワークセキュリティ関連の国内市場を調査し、その結果を「2019 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 市場編」「同 企業編」にまとめたと発表した。

CrowdStrike が脅威インテリジェンスの定義を「整理」すべきだと考える理由 画像
新製品・新サービス

CrowdStrike が脅威インテリジェンスの定義を「整理」すべきだと考える理由PR

ジャーカフ氏は、課題の根底に「ベンダーによって脅威インテリジェンスが指す意味が異なることがある」と述べる。日本企業が、脅威インテリジェンス活用のためにどのようなマインドセットの変化が必要か、ジャーカフ氏に聞いた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 1,107
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×