最新記事 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

最新記事

海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register) 画像
TheRegister

海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

前回のInfosecで三菱自動車のOutlanderと電気ケトルのハッキングの仕方を説明したばかりのこのチームは、今回衛星通信やその他の航海システムに目を向けた。

不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム) 画像
インシデント・情報漏えい

不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

東芝産業機器システム株式会社は6月11日、不正アクセスにより同社ホームページの会員登録情報の一部が流出した可能性があることが判明したと発表した。

脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル) 画像
調査・ホワイトペーパー

脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

テナブルは、同社のデータサイエンスチーム「Tenable Research」による「攻撃側の先行者利益を定量化」したレポートを発表した。

デバイス保護の統合ソリューションにWeb分離などの機能を追加(シマンテック) 画像
新製品・新サービス

デバイス保護の統合ソリューションにWeb分離などの機能を追加(シマンテック)

シマンテックは、「Network Security for the Cloud Generationソリューション」を強化したと発表した。

アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2) 画像
業界動向

アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

(ISC)2は、第12回年間アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)の受賞者を発表した。

2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR) 画像
業界動向

2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

ITRは、国内のマネージドEDRサービス市場規模推移および予測を発表した。

電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演 画像
セミナー・イベント

電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

11月30日には「CYBERTECH Tokyo」が開催され、イスラエル経済産業大臣、エリ・コーヘン氏、イスラエル国家サイバー本部(INCD)CEO イガル・ウナ氏、イスラエル電力公社(IEC)会長 イフタフ・ロン・タル元少将らによる講演が行われた。

申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ) 画像
インシデント・情報漏えい

申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

株式会社大分フットボールクラブは6月15日、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」の参加者18名の個人情報が申込フォーム上で閲覧可能な状態になっていることが判明したと発表した。

パスワードレスサービスとF5製品を連携(NTT-AT) 画像
新製品・新サービス

パスワードレスサービスとF5製品を連携(NTT-AT)

NTT-ATと米Trusonaは、Trusona#NoPasswordsソリューションとF5のアクセス制御ソリューション「BIG-IP APM」と組み合わせた、VPNアクセスへのセキュアな認証ソリューションの提供を開始した。

参加無料「夏休み親子セキュリティ教室」全国4カ所で開催(トレンドマイクロ) 画像
セミナー・イベント

参加無料「夏休み親子セキュリティ教室」全国4カ所で開催(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、小学校高学年(4~6年生)の子供とその保護者を対象とした「夏休み親子セキュリティ教室」を開催すると発表した。

2つの特許技術用いた国産ランサムウェア対策ソフトウェア発売(MBSD) 画像
新製品・新サービス

2つの特許技術用いた国産ランサムウェア対策ソフトウェア発売(MBSD)

三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は6月18日、同社が保有する2つの特許技術を用いたランサムウェア対策ソフトウェア「MBSD Ransomware Defender」を販売開始した。

海外子会社へ不正アクセス、顧客情報流出の可能性(野村ホールディングス) 画像
インシデント・情報漏えい

海外子会社へ不正アクセス、顧客情報流出の可能性(野村ホールディングス)

野村ホールディングス株式会社は6月14日、機関投資家向けに委託電子取引を取り扱う同社の海外子会社インスティネット・ヨーロッパ・リミテッドへの不正アクセスがあったことが判明したと発表した。

他の職員のIDでグループウェアへ不正ログイン、減給10分の1の懲戒処分に(多可町) 画像
インシデント・情報漏えい

他の職員のIDでグループウェアへ不正ログイン、減給10分の1の懲戒処分に(多可町)

兵庫県多可町は6月、他の職員のIDとパスワードを不正に取得し不正ログインを行った職員の懲戒処分を行ったと発表した。

メール誤送信で188名のアドレスが流出(公正取引委員会) 画像
インシデント・情報漏えい

メール誤送信で188名のアドレスが流出(公正取引委員会)

公正取引委員会は6月13日、同委員会事務総局九州事務所がメール送信の際、同報者のメールアドレスが表示される状態で誤送信したことが判明したと発表した。

Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN) 画像
セキュリティホール・脆弱性

Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Owenが提供するChrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN) 画像
セキュリティホール・脆弱性

iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、全日本空輸が提供するiOSアプリ「ANA」に、SSLサーバ証明書の検証不備の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

日本はサイバーセキュリティ戦略の見直し頻度が特に高い--グローバル調査(PwC) 画像
調査・ホワイトペーパー

日本はサイバーセキュリティ戦略の見直し頻度が特に高い--グローバル調査(PwC)

PwCコンサルティング合同会社、PwCサイバーサービス合同会社、PwCあらた有限責任監査法人は、「グローバル情報セキュリティ調査2018(日本版)」を発表した。

ロシアのハッキングコンテスト初出場で準優勝、テーマはスマートシティ(イエラエセキュリティ) 画像
業界動向

ロシアのハッキングコンテスト初出場で準優勝、テーマはスマートシティ(イエラエセキュリティ)

イエラエセキュリティは、ロシアで開催されたハッキングコンテスト「MeterH3cker」において準優勝したと発表した。

メール誤送信対策ソフトにBEC検知機能を追加(丸紅ITソリューションズ) 画像
新製品・新サービス

メール誤送信対策ソフトにBEC検知機能を追加(丸紅ITソリューションズ)

丸紅ITソリューションズは、メールの誤送信対策ソフトの新版「誤送信バスター ver4.0」を6月20日より提供開始すると発表した。

冨美家オンラインショップに不正アクセスの可能性、2,457件の会員情報が流出(冨美家) 画像
インシデント・情報漏えい

冨美家オンラインショップに不正アクセスの可能性、2,457件の会員情報が流出(冨美家)

株式会社冨美家は6月1日、4月5日に発表した同社が運営する冨美家オンラインショップの会員情報2,457件がインターネット上に流出した可能性についての調査結果を公表した。

2017年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、引き続き件数の減少が続く(JNSA) 画像
調査・ホワイトペーパー

2017年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、引き続き件数の減少が続く(JNSA)

JNSAセキュリティ被害調査WGは、「2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。

  • 40,854件中 1 - 21 件を表示
  • 次へ
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×