バグ発見の賞金稼ぎが大金を獲得するも、ブームはまだ始まったばかり 本誌記者Darren Pauliが幸福な雇われハッカーと親しくする(2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

バグ発見の賞金稼ぎが大金を獲得するも、ブームはまだ始まったばかり 本誌記者Darren Pauliが幸福な雇われハッカーと親しくする(2)(The Register)

国際 TheRegister

>>前回の記事

2人のいたずら小僧の物語

Wakelamが「僕らは大金を稼いだ」と言うときは、ハッカー仲間のShubham Shah、19歳のことを指している。Shahとは14歳のときにIRC(Internet Relay Chat)で出会った。

Wakelamはメルボルン、Shahは100km離れたシドニーと、州境をまたいで住んでいたものの、2人は学校で似たような軌跡を辿ったのだった。昼はセキュリティコンサルタント、夜はバグ賞金稼ぎとして、若いうちから労働生活に入った。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×