バグ発見の賞金稼ぎが大金を獲得するも、ブームはまだ始まったばかり 本誌記者Darren Pauliが幸福な雇われハッカーと親しくする(3) (The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

バグ発見の賞金稼ぎが大金を獲得するも、ブームはまだ始まったばかり 本誌記者Darren Pauliが幸福な雇われハッカーと親しくする(3) (The Register)

インド、エジプト、アフリカのハッカーたちがグーグル社のバグ発見報奨金の支払いで貧困から脱出している。ムンバイの親たちは息子が弁護士になることを夢見てきたが、経済的解放がバグハンターとしての成功によってもたらされることに気付いた。

国際 TheRegister
何を待つことがある?

「僕は誰にでもお勧めしたいと思っているよ。」とはMark Litchfieldの言だ。彼は報奨金プログラムBug Bounty HQを自前で運営している、セキュリティ業界のベテランである。「セキュリティへの入り口として非常に優れているんだ。」かつてNCC社の共同設立者だった彼は、2014年2月以来バグの報奨金として約500,000米ドルを得たと、ネバダ州ラスベガスにある自宅からの電話で述べた。

《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×