英国のサイバースパイ法は、Snowden が告発した「大量監視」を不変のものにする~「暗号が発明される前には戻れない」(その 2)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

英国のサイバースパイ法は、Snowden が告発した「大量監視」を不変のものにする~「暗号が発明される前には戻れない」(その 2)(The Register)

国際 TheRegister

● Number 10(英国政府)はテクノロジーの実情を把握していない

クラウドセキュリティ企業 Skyhigh Networks の欧州広報担当者 Nigel Hawthorn は、「政府がテクノロジーの実情を把握していない」というさらなる証拠を、その法案が提供していると主張する。

「エンドツーエンドの暗号化を禁じるいかなる法も、データ保護規則に違反し、インターネット上のセキュリティを低下させるだろう」と Hawthorn は語った。

「エンドツーエンドの暗号化がどのように動作するのか、その点に完全な誤解がある。『テクノロジー企業に対し、彼らのセキュリティを破るように強制することは、そのあたりを歩いている平均的な人を喜ばせることになるだろう』と想定することは誤りであり、またそれは多くの状況において、技術的に可能ですらない。政府がテクノロジーに関して完全な無知だったというのは、今回が初めてのことではなく、そして政治家たちはテクノロジー専門家たちからの反論を回避できないにも関わらず、これらの『充分に考えられていない、実行不可能な提案』の発表を続けている」
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×