「Snowden は人命を危険に晒した」という恐怖の物語が、懐疑的な冷笑を呼ぶ~その雑音に騙される情報セキュリティウォッチャーは、ほとんどいない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

「Snowden は人命を危険に晒した」という恐怖の物語が、懐疑的な冷笑を呼ぶ~その雑音に騙される情報セキュリティウォッチャーは、ほとんどいない(The Register)

国際 TheRegister

【分析記事】
「伝えられるところによると、NSA の情報漏洩者 Edward Snowden のファイル(英国と米国の秘密諜報員の身元を明かすもの)を、ロシアと中国が解読したようだ」という主張をめぐって、意見が衝突している。

英国の政府機関と諜報機関の匿名の当局者たち(※脚注を参照)は、The Sunday Times の紙面を利用して、「MI6 は、敵対国に進出していたエージェントたちを撤退させた。それは、Edward Snowden が情報を漏洩させたことにより、彼らのアイデンティティ情報が『吹き飛ばされた(すなわち開示された)』ためである」という説をサポートしてきた。

一方の Snowden チームは、Snowden の有力な協力者である Glenn Greenwald の名において、その記事が「匿名の英国当局者の言葉だけを基に書かれた、誹謗中傷」であると批判した。Greenwald によれば、The Sunday Times は「NSA の内部告発者 Snowden の評判を落とすために英国政府が訴えていることを、何の疑いもなくロンダリングしてきた」という。「Snowden が手に入れた極秘ファイルを、ロシアと中国が解読した」という説を支持するような証拠は、なにも提供されていないと彼は語っている。

●おい、The Sunday Times よ。まずは事実を確認してくれ

その記事の早期のバージョンは、Greenwald のパートナー David Miranda について、「2013 年、モスクワに滞在中の Snowden を訪問したのちに、58,000 の『機密性の高い』諜報文書を所持していたことにより、ヒースロー空港で身柄を拘束された」という誤った記述をしていた。実際のところ、Miranda は、ベルリンにいる Laura Poitras(映画製作者で Snowden の協力者)を訪問したのち、ブラジルに戻る途中で拘束されている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×