NSA は 11 月まで、米国人への「違法な盗聴行為」を継続できる~即時終結を求めた訴訟を連邦裁判所が却下(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

NSA は 11 月まで、米国人への「違法な盗聴行為」を継続できる~即時終結を求めた訴訟を連邦裁判所が却下(The Register)

国際 TheRegister

即時終結を求めた訴訟を連邦裁判官が却下したので、NSA は最後の 1 か月間、米国人に対して違法な諜報活動を続けることができる。

11 月末までに徹底的に見直しされることになっている、その監視プログラムのブロックを、ニューヨーク上訴裁判所は棄却した。米国議会が、そのスパイシステムの「移行期間」をすでに承認しているからだ。

「『これまで国外からのテロ行為の脅威を調査するために利用してきたツール』を、新たなツールの適切な配置が可能になるまで政府が保持するよう、この静粛な移行は義務づけている」と、裁判官 Gerard Lynch は自身の見解の中で述べた(PDF)。
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×