支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

 Java の使用が限定的な企業は最新のサブスクリプションモデルではソフトウェアライセンスを従業員単位で取得する必要があり、Oracle がそれ以前に提供していたモデルとは大きく異なると指摘している。Gartner の見積もりでは、新しい従業員単位のサブスクリプションモデルでの支払額は、従来モデルよりも 2 倍から 5 倍高くなる。

国際
(イメージ画像)

 ライセンスに詳しいとある専門家によると、Oracle は初めてフォーチュン200 企業に Javaライセンスに関する監査書を送付し始めたという。

 Oracle は 2023 年 1 月に、広く利用されているプログラミング言語であり開発環境である Java の新しいライセンス体系を発表した。同社によると、新しいサブスクリプション「Java SE Universal Subscription」は顧客に「デスクトップ、サーバー、またはクラウド展開で使用する Java SEライセンスおよびサポートを含む、シンプルで低コストの月額サブスクリプション」を提供する。

 しかし、業界の専門家筋によると、Java の使用が限定的な企業は最新のサブスクリプションモデルではソフトウェアライセンスを従業員単位で取得する必要があり、Oracle がそれ以前に提供していたモデルとは大きく異なると指摘している。Gartner の見積もりでは、新しい従業員単位のサブスクリプションモデルでの支払額は、従来モデルよりも 2 倍から 5 倍高くなる。

 Oracle は、従業員数 100 人程度の中小企業に対して、Java のライセンス状況を明らかにするよう求める監査書を送っていたが、大企業に対する監査はこれまで控えていた。しかし、独立系オラクル・ライセンス助言会社である Palisade Compliance の創業者兼最高経営責任者(CEO)であるクレイグ・ガレンテによると、ここ数か月で状況は変わったという。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

    CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  3. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  4. CrowdStrike Blog:CrowdScoreで組織のアラート疲れが劇的に減少

  5. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  6. 海外における個人情報流出事件とその対応 第179回 史上最悪の漏えい事件で国際犯罪団起訴 (1)データ不正利用で計9,400万件もの被害

  7. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  8. オープンソース開発者をパニックに陥れた EUサイバーレジリエンス法 最終決定

  9. FBI「ハーバード大の 20 歳が、期末試験を避けるため Tor を介して大学へ爆弾脅迫メールを送信した」~匿名ネットワークツールの利用は大学のネットワークのログで暴かれたとの主張(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×