クリックしていないのにアダルトサイトに登録させる「ゼロクリック詐欺」(シマンテック) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

クリックしていないのにアダルトサイトに登録させる「ゼロクリック詐欺」(シマンテック)

シマンテックは、クリックを必要とせずに、訪問者を勝手にアダルトサイトに「登録」させてしまうWebサイトが登場したと、同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威
アダルト動画を集めたと称する Web サイト
  • アダルト動画を集めたと称する Web サイト
  • 偽アダルト動画サイト
  • ポップアップには、登録について問い合わせができるサポートセンターの電話番号も
株式会社シマンテックは1月27日、クリックを必要とせずに、訪問者を勝手にアダルトサイトに「登録」させてしまうWebサイトが登場したと、同社ブログで発表した。これまでのワンクリック詐欺は、ユーザがリンクをクリックするなど1回以上の操作によって、有料サービスに登録させたとユーザに思い込ませる手法が一般的であったが、今回確認されたケースではユーザの操作を待たずに登録完了画面が表示される。

これは、アダルト動画を集めたと称するアダルトサイトをユーザがたまたま開いてしまうことから始まる。いずれかのリンクをクリックすると動画コンテンツが表示されるが、ワンクリック詐欺ではここで動画や年齢認証のボタンをクリックすることで登録完了ページが表示されるが、今回のケースではHTMLタグによりページを自動更新することで登録完了ページを表示している。自動更新されると2,000ドル(約24万円)などを支払うようポップアップが表示され、そこには解除するためのサポートセンターの電話番号も表示される。

シマンテックでは、この「登録完了」はまったくデタラメなものなので、無視するよう呼びかけている。さらに、サポートセンターに電話をかけることや表示されているメールアドレスに連絡することも厳禁としている。これらを行ってしまうと、犯罪者に電話番号やメールアドレスを記録され、さらなる詐欺活動に悪用される可能性が高いとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  2. Samba の SWAT における CSRF および XSS の脆弱性(Scan Tech Report)

    Samba の SWAT における CSRF および XSS の脆弱性(Scan Tech Report)

  3. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  4. サイボウズ Garoon に XSS の脆弱性

  5. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

  6. Amazonを騙るフィッシングメールを確認、違和感のある日本語本文(フィッシング対策協議会)

  7. TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

  8. JNSAを騙る振込詐欺電話、実在する職員氏名を詐称

  9. SAPジャパンのなりすましサイトに注意を呼びかけ

  10. Palo Alto Networks 社製 PAN-OS GlobalProtect に OS コマンドインジェクションの脆弱性

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×