旧シマンテックが社名変更、コンシューマ向け製品に特化(ノートンライフロック) | ScanNetSecurity
2022.07.08(金)

旧シマンテックが社名変更、コンシューマ向け製品に特化(ノートンライフロック)

ノートンライフロックは、社名を「ノートンLifeLock」から「株式会社ノートンライフロック」へと2月14日付けで変更したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社ノートンライフロックは3月5日、社名を「ノートンLifeLock」から「株式会社ノートンライフロック」へと2月14日付けで変更したと発表した。前身となるシマンテックは、1994年に日本法人を設立、法人向け事業と消費者向けセキュリティソフトブランド「ノートン」を掲げ、事業を展開してきた。

2016年には米国の消費者向け個人情報盗難対策サービスを提供するLifeLock社を買収し、消費者向けインターネットセキュリティ製品のブランド名を「ノートンLifeLock」に変更していた。今回、2019年11月にシマンテックの法人向け事業をブロードコム(Broadcom)に売却したことに伴い、社名を「株式会社ノートンライフロック」とし、消費者向けインターネットセキュリティに特化した製品を提供していく。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×