スノーデンによる最新のリーク:NSAは「ハッカーたち」を捕まえるためにインターネットを嗅ぎ回ることができる。令状は不要だ~これは何をハッカーと呼ぶかに全面的にかかっている(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.06(土)

スノーデンによる最新のリーク:NSAは「ハッカーたち」を捕まえるためにインターネットを嗅ぎ回ることができる。令状は不要だ~これは何をハッカーと呼ぶかに全面的にかかっている(The Register)

外国情報監視法 第702項に基づき、自由の地アメリカの構成員ではない、地球上の61億8千万人の人々のメール、通話、インターネットトラフィックを包括的に収集することを許可するものだ。

国際 TheRegister
スノーデンのアーカイブから放出された最新の文書にて、NSAはサイバーセキュリティの名のもとに、令状なしで米国のインターネットトラフィックの監視を実施する権限を秘密裏に与えられていたことが示された。

ProPublicaにてThe New York Times紙と共同で公表された2つのメモには、2012年5月に米国司法省がNSAに対し、海外からのハッキング攻撃の調査の一環として国内のインターネットトラフィックのモニタリングを行う権限を付与したことが記されている。NSAは後に、IPアドレスと「サイバーシグニチャ」のモニタリングの許可も追加で得ている。
《》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×