米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register)

もうひとつの法案、「The National Cybersecurity Protection Advancement Act(NCPAA)」も、企業が情報の共有を行った際に、彼らが訴訟を免れるための法的な保護を追加している。この2つの法案は「プライバシー擁護派の活動家たちの1つの懸念」に統合されている。

国際
米国議会下院が、1 つではなく 2 つのコンピュータセキュリティ法案を可決した。それは企業とアンクルサム(編集部註:米国)が、市民に関する情報、サイバー攻撃に関する情報、ソフトウェアの脆弱性に関する情報をシェアすることを許すものであり――また、それを行う企業は、法的な責任を免れる。

307 対 116 で可決された「The Protecting Cyber Networks ActPCNA)」は、新たな機関「Cyber Threat Intelligence Integration Center」の設立を求めている。それは企業同士で、あるいは政府と情報交換するデータを扱うための情報センターとなる。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

国際ニュース

米国盗聴法

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. ペンタゴン、日常的にハッカー攻撃を受ける(米国防総省)

    ペンタゴン、日常的にハッカー攻撃を受ける(米国防総省)

  3. 謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

    謎のランサムウェア攻撃で Git のコミット消失、救出と引換にビットコイン要求の模様(The Register)

  4. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×