携帯電話の SIM 暗号ハイジャックが数百万のユーザーを脅かす:その動作の仕組みがここに~それを知ったとき、あなたは自分に腹が立つだろう(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

携帯電話の SIM 暗号ハイジャックが数百万のユーザーを脅かす:その動作の仕組みがここに~それを知ったとき、あなたは自分に腹が立つだろう(The Register)

国際 TheRegister

【分析】携帯電話の暗号をクラックすることで、電話の SIM カードの制御を奪い、さらにその電話自体をハイジャックすることができると一人のドイツの研究者は考えている。

しかし、それは彼一人ではない:ネットワークの事業者たちは長きに渡って、まさに同じことを考えてきた。また、それを可能とする方法を彼らが注意深く監視してきたことが、GSM ネットワークの長期的なセキュリティを、より注目すべきものとしてきた。

GSM ネットワークは、共有の秘密によって保護されている。各加入者にユニークな暗号化キーが発行され、そのキーはそれぞれの携帯電話の SIM カードに埋め込まれる;キーのコピーは、対称形の暗号(両端で同じキーが使用されている)で相互認証を可能とするネットワークによって保持される。

GSM の他の分野のインフラへ向けられた数々の攻撃は成功したにも関わらず、これらの秘密鍵は、少なくとも現時点ではハッカーに掌握されることなく生き残っていた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×