米国議会、NIST と NSA に別離を迫る~スパイが暗号化標準の開発における役目を失う(The Register) | ScanNetSecurity
2020.09.20(日)

米国議会、NIST と NSA に別離を迫る~スパイが暗号化標準の開発における役目を失う(The Register)

Snowden による情報開示の後、NIST は「NSA の要請で、意図的に暗号化標準を弱体化している」という疑惑を否定してきたが、Dual_EC_DRBG の脆弱性が、意図的な NSA による考案であったのではないかといった疑いが晴れることはなかった。

国際 TheRegister
米国議会が、暗号化標準への NSA による直接的な干渉を取り除く法案を可決した。

ProPublica の報告によると、National Institute of Standards and Technology Act(NIST 法)の改正では、NIST が新しい暗号化標準を設定する際、NSA と協議を行うという必要条件が取り除かれた。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×