米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register)

もうひとつの法案、「The National Cybersecurity Protection Advancement Act(NCPAA)」も、企業が情報の共有を行った際に、彼らが訴訟を免れるための法的な保護を追加している。この2つの法案は「プライバシー擁護派の活動家たちの1つの懸念」に統合されている。

国際 TheRegister
米国議会下院が、1 つではなく 2 つのコンピュータセキュリティ法案を可決した。それは企業とアンクルサム(編集部註:米国)が、市民に関する情報、サイバー攻撃に関する情報、ソフトウェアの脆弱性に関する情報をシェアすることを許すものであり――また、それを行う企業は、法的な責任を免れる。

307 対 116 で可決された「The Protecting Cyber Networks ActPCNA)」は、新たな機関「Cyber Threat Intelligence Integration Center」の設立を求めている。それは企業同士で、あるいは政府と情報交換するデータを扱うための情報センターとなる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×