米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register)

国際 TheRegister

米国議会下院が、1 つではなく 2 つのコンピュータセキュリティ法案を可決した。それは企業とアンクルサム(編集部註:米国)が、市民に関する情報、サイバー攻撃に関する情報、ソフトウェアの脆弱性に関する情報をシェアすることを許すものであり――また、それを行う企業は、法的な責任を免れる。

307 対 116 で可決された「The Protecting Cyber Networks ActPCNA)」は、新たな機関「Cyber Threat Intelligence Integration Center」の設立を求めている。それは企業同士で、あるいは政府と情報交換するデータを扱うための情報センターとなる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×