Dropbox が台湾を攻撃するための時限爆弾の制御に利用される~新たな攻撃のためにトロイの木馬「PlugX」がアップグレード(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.23(金)

Dropbox が台湾を攻撃するための時限爆弾の制御に利用される~新たな攻撃のためにトロイの木馬「PlugX」がアップグレード(The Register)

「PlugX variant II」は、アンチウィルスシステムに手を加えるアンチフォレンジックの機能を持っており、また 5 月 5 日に攻撃を開始するまでの間は、偽のパークドメインの裏に隠れていた。

国際 TheRegister
リモートアクセス型のトロイの木馬(RAT)が、台湾政府に対する標的型攻撃の制御のために Dropbox を利用していると、マルウェアアナリストの Maersk Menrige は語っている。

この「PlugX RAT」の改良版は、コマンドアンドコントロールのアップデートに Dropbox を利用した初めての標的型攻撃だと Menrige は語った。それは、人気のクラウドストレージプラットフォームを使用して悪質なファイルを被害者へ送りつけるタイプの、他のマルウェアやランサムウェアとは異なっているという。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×