全ての HTTP トラフィックに「安全性の低さ」を表示させる計画を Chrome の開発者たちが立案~ブラウザは我々が安全なとき「安全」と伝えるが、無防備なときには何も言わない(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

全ての HTTP トラフィックに「安全性の低さ」を表示させる計画を Chrome の開発者たちが立案~ブラウザは我々が安全なとき「安全」と伝えるが、無防備なときには何も言わない(The Register)

「もしもユーザーが適切なセキュリティを楽しめない状況であれば、ブラウザはそれを明確に表示する必要がある。そうすることによってユーザーは、その発信元とどのように通信するか、情報に基づいた意思決定を行うことができる」

国際 TheRegister
Chromium Project のセキュリティチームは、「ブラウザがすべての HTTP ページに『危険性の低さ』を表示するかどうか」についての討議を始めた。

「我々は……『安全ではない発信元』のページを『安全ではない』と UX が否定的に表示するよう、ユーザーエージェント(UA)が徐々に変化させることを提唱する」と、この投稿の中で同チームは記している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×