「SpyEye」作者のロシア人、マルウェアの猛襲を開始した罪を認める~ FBI、ジョージアへ(The Register) | ScanNetSecurity
2020.12.01(火)

「SpyEye」作者のロシア人、マルウェアの猛襲を開始した罪を認める~ FBI、ジョージアへ(The Register)

金融フィッシングを目的として特別に設計された非常に先駆的なマルウェアSpyEyeは、瞬く間にアンチウイルス業界の注目を浴びた。それは2年間の活動のプロセスの中で1,400万台以上のマシンを感染させ、数百万人のユーザーを巻き込んだと考えられている。

国際 TheRegister
バンキング詐欺や通信詐欺を働くトロイの木馬「SpyEye」を開発したとして、ロシア人の Aleksandr Andreevich Panin が自らの罪を認めた。SpyEye は、世界中のインターネットユーザーから金融関係のクレデンシャルを集めるため、奴隷化したコンピュータで形成するボットネットを利用していた。

「Panin 氏が逮捕されたということは、悪意あるソフトウェアの開発者として世界最高レベルである一人が、もはや世界中の人々に苦痛を与えられるようなコンピュータプログラムを作成できる立場にはないということだ」と、FBI 主任捜査官(special agent-in-charge)の Ricky Maxwell は語った。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×