混ぜ合わせのマルウェアが、日本のオンラインバンクのユーザーを脅かす~彼らが発見した「資源の有効な活用法」とは……(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

混ぜ合わせのマルウェアが、日本のオンラインバンクのユーザーを脅かす~彼らが発見した「資源の有効な活用法」とは……(The Register)

国際 TheRegister

※編集部註:日本国外での報道の内容と表現をお伝えするため、本記事は The Register による原文を敢えて忠実に翻訳しております。


いま日本の銀行の顧客が、新しい高度な「バンキング系トロイの木馬」による攻撃の最前線に立たされている。そのトロイの木馬は、漏洩したマルウェアのコードを混ぜ合わせて作られたものだ。

IBM Trusteer のセキュリティ研究者たちによると、このマルウェア「Shifu」(Thief、泥棒を表す日本語から名付けられた)は、14 の日本の銀行、および欧州全域で利用されているオンライン決済サービスのプラットフォームを標的としている。

Shifu は、フランケンシュタインが怪物を作り出したのと同じアイディアで、流出した複数のマルウェア種(それらはすでに放棄され、完全に死んでいる)のコードから、強力なパーツを用いて作り上げられている。

※本記事は Scan PREMIUM に全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×