Intel が 16 年前からチップに残していた、途方もないセキュリティの欠陥──そして、その悪用法はここに~SMM のルートキットの扉を開く大失態(その 3)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

Intel が 16 年前からチップに残していた、途方もないセキュリティの欠陥──そして、その悪用法はここに~SMM のルートキットの扉を開く大失態(その 3)(The Register)

国際 TheRegister

●このトリックを悪用できるものに変える

さて、現在の我々は、そのトリックが「どのようにして働くのか」を学んだ。それは強力な SMM コード(あなたの PC のシスアドを務めている)に対して、我々が多かれ少なかれ制御しているメモリから読み書きをするように強いるという手法である。ここまで来たら次のステップは簡単だろう? と思われるかもしれないが、そんなことはない。ローカル APIC のコンフィギュレーションレジスタは至る所に存在している。そのメモリマップには、我々がコンテンツを制御できない大きなギャップがある。そこから読み取ると、99%以上において「ゼロ」を返すことになる。

事実上、攻撃できる SMM コードのプライベートメモリで我々が得られたものは、4KB の「ゼロ」のページだった。そこに書き込みをするのは無意味だ。Domas は、それを「メモリシンクホール」と呼んだ。状況は絶望的であるように思われた。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×