クラウド、エッジ、オンプレミス環境にあるコンピューティング資産の信頼性をインテルの「Project Amber」が検証 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

クラウド、エッジ、オンプレミス環境にあるコンピューティング資産の信頼性をインテルの「Project Amber」が検証

 インテル株式会社は5月11日、同社の新しいサービス(開発コード名:Project Amber)について発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 インテル株式会社は5月11日、同社の新しいサービス(開発コード名:Project Amber)について発表した。

 同社では、あらゆる組織がセキュリティ面の最重視すべき要素の1つとして挙げる「信頼性」に着目し、独自の信頼機関「Project Amber」を利用することで、クラウド、エッジ、オンプレミス環境にあるコンピューティング資産の信頼性をリモートで検証可能となる。コンフィデンシャル・コンピューティング環境では、認証と呼ばれるプロセスを介して信頼の基盤が確立されるが、この信頼性の検証が、機密ワークロードをクラウドに転送する際に社内データや知的資産を保護する要件となる。

 Project Amber は、コンフィデンシャル・コンピューティングのワークロードをホストするインフラストラクチャ・プロバイダに依存しないため、独立した運用が可能となる。

 Project Amberの初版リリースでは、ベアメタルのコンテナ、仮想マシン(VM)、同社のTEEを使用してVM内で稼動するコンテナとして配置されるコンフィデンシャル・コンピューティングのワークロードに対応する。初版リリースは同社のTEEに実装でき、将来的には多様なプラットフォームとデバイス、同社以外のTEEにも拡張を予定している。

 同社では2022年後半に顧客向けパイロット版Project Amberの提供開始を予定しており、2023年前半に一般向けに提供開始となる予定。

 同社では同日、BeeKeeperAIとペンシルベニア大学ペレルマン医学部との協働による信頼性が高くセキュアなAI導入や、2030年までの耐量子暗号の実現を目指す企業戦略についても公表している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×