Intel、産業スパイを阻止するスーパー盗聴ツールを構築~1 日 40 億件のネットワークイベントを監視する Hadoop ベースの新ツール、のちに McAfee 製品となる可能性も(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.27(日)

Intel、産業スパイを阻止するスーパー盗聴ツールを構築~1 日 40 億件のネットワークイベントを監視する Hadoop ベースの新ツール、のちに McAfee 製品となる可能性も(The Register)

国際 TheRegister

Intel が、同社の社内におけるほぼすべてのネットワークイベント――営業日であれば一日 40 億から 60 億件になる――を分析するための Hadoop ベースの装備を作り上げた。それはリアルタイムに近い形で産業スパイなどの脅威を発見することができるものだ。

Intel の関係者は、そのツールの名前を明らかにすることは「建設的でない」として、名前を示すことを辞退した。しかし、そのツールは Apache Hadoop を広範囲に利用したものであり、80 人のビッグデータの専門家たち(同社のイスラエルのオフィスに勤務している)で構成された強力なチームによって構築されていると述べた。このツールが開発されたのは、従来のマルウェア検知ツールが――Intel のセキュリティに焦点をあてている McAfee でさえ――Intel の恐れている攻撃(とりわけ新規の攻撃や緻密な攻撃)の脅威を発見することができないためであると…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×