ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路

 2020 年 5 月、Blackbaud はランサムウェアに感染し、黙って犯人に支払いを済ませたが、同年 7 月までセキュリティ侵害について顧客に知らせなかった。

国際
(イメージ画像)

 クラウドソフトウェア販売会社である Blackbaud は、2020 年に発生したランサムウェア感染事件で顧客 13,000 人の 100 万件以上のファイルが盗まれたことについて、事実を誤認させるような説明を行なったとして、300 万ドルの支払いに同意した。

 米国の金融監視機関である SEC によると、Blackbaud は規制当局の調査結果を認めも否認もしていないが、300 万ドルを支払い、これ以上の違反行為を停止するとのことだ。

 「Blackbaud は、SEC とこの問題を解決できたことをうれしく思っており、弊社が継続的に報告および開示方針を改善していくうえで、SEC からの協力と建設的なフィードバックに感謝しています」と、The Register のインタビューにて、同社の最高財務責任者であるトニー・ブーアは語った。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 割のいいリゾートバイト求人 その実態は暗号資産詐欺の奴隷労働:FBI 注意勧告

    割のいいリゾートバイト求人 その実態は暗号資産詐欺の奴隷労働:FBI 注意勧告

  2. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  3. 秘密鍵漏えいで証明書2万件無効化、証明書ベンダ間の縄張り争い(The Register)

    秘密鍵漏えいで証明書2万件無効化、証明書ベンダ間の縄張り争い(The Register)

  4. インターネットアーカイブが出版大手四社に破壊される可能性

  5. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

  6. NIST CSF 2.0 リリース ~ 新たに追加された 6 番目の機能の役割

  7. Windows 10ではSafeDiscと特定バージョンのSecuROMのDRMシステムを利用した古いゲームがプレイ不可に、セキュリティホールとなる可能性を考慮

  8. 海外における個人情報流出事件とその対応「解雇された従業員がグッチのシステムに不正侵入」(1)売り上げで数千ドル、合計20万ドルの損害

  9. ロシアのサイバー詐欺師たちは現実の通貨を避け、プライベートな代替通貨を開発する~いまどき現実の貨幣を欲しがるのは素人だけ(The Register)

  10. ロボット三原則、銀河帝国の興亡 ~ 生誕100年 アイザック・アシモフの残した今も生きる警鐘(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×