[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

IT業界以外の多くの人は、コンピュータが仕事を奪うと考えていますが、今回のランサムウェアの被害を見ると、少なくともそれと同じくらいの速さで、新しい、より興味深い種類の仕事が生み出されています。

国際
[インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白 前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」
 IT 業界以外の多くの人は、コンピュータが仕事を奪うと考えていますが、今回のランサムウェアの被害を見ると、少なくともそれと同じくらいの速さで、新しい、より興味深い種類の仕事が生み出されています。では、自分のデータを身代金として要求してくる人々と話すには、どのような経歴が必要なのでしょうか。

 それを知るために、本誌(編集部註:The Register)は STORM Guidance 社 のニック・シャー氏に話を聞きました。彼は、被害者と恐喝者の間のパイプ役を務めているそうです。

 ニック・シャー氏は 2019 年に OBE(編集部註:大英帝国勲章 Order of the British Empire )を取得しました。彼は多くの重犯罪者に対応してきましたが、過去の仕事ではその道 30 年のベテラン警官のような、本能的で真っ直ぐな用意周到さを発揮し、国家犯罪庁( NCA )やアフリカの様々な組織で 1,000 件以上の誘拐や恐喝事件に携わってきました。彼は、恐怖や危害、そして多くの場合は死をもたらすことを目的とした犯罪者やテロリストグループの捜査に参加してきました。これらはある意味、人事部から送られる攻撃的メールより恐ろしいものです。

 NCA の事務局長は、シャー氏の仕事について次のように述べています。「ここで詳細を述べることはできませんが、彼の仕事のおかげで、英国の一般市民が保護されていると確信しています。彼の功績が正式に認められたことをうれしく思います」
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  2. サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

    サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

  3. バイデン大統領、予算教書で CISA の資金を 30 億ドルに増額 ~ さらに医療サイバーセキュリティに約 15 億ドル要求

    バイデン大統領、予算教書で CISA の資金を 30 億ドルに増額 ~ さらに医療サイバーセキュリティに約 15 億ドル要求

  4. CrowdStrike Blog:APT 攻撃に立ち向かう~世界のサイバー攻撃者リスト

  5. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  6. 台湾が Zoom を嫌う理由

  7. ボーイング、部品流通事業へのサイバー攻撃発生を認める

  8. マイクロソフト「警告を受けなかったと言わせない」Basic 認証無効化期限迫る

  9. AWSスタッフ、刑務所みたいなオフィスをTikTokで自慢

  10. IT業界、女性の平等実現まであと283年

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×