アメリカでは「祖父母詐欺」 | ScanNetSecurity
2024.06.18(火)

アメリカでは「祖父母詐欺」

 彼らは、アメリカ国内から発信されているように見える番号から被害者に電話をかけ、親族が助けを必要としていると信じ込ませた。

国際
(イメージ画像)

 高齢者を食い物にし幾百万ドルも騙し取ったとして、16 名が米検察当局によって訴追された。

 被告人らは、ドミニカ共和国と米国に拠点を置く 21 歳から 59 歳で、複数の州で米国の高齢者に被害を与えた「広域祖父母詐欺(sprawling grandparent scam)」にそれぞれ関与していた。

 祖父母詐欺では、掛け子らが弱い立場にある高齢者のリストを使って電話をかける。子供や孫などの近親者になりすまして、非常に危険な状態にあり、刑務所からの保釈にお金が必要であるかのように装う。

 この犯罪は数打てば当たるという。ほとんどの人は親族の声と偽者の声を聞き分けることができるが、そうでない人もおり、危機に瀕した愛する人を助けようとするこうした人々の確固たる決意を犯罪者たちは悪用している。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  2. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  3. 失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

    失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

  4. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  5. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  6. ランサムウェア感染を隠蔽したソフトウェア企業の末路

  7. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  8. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  9. サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

  10. OWASP データブリーチ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×