工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第20回「ガキの犯罪」 | ScanNetSecurity
2024.05.21(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第20回「ガキの犯罪」

たいていの仮想通貨には換金ルートが存在する。直接現金にかえられなくても、数回他の通貨に替えることでなんとかなることが多い。利用者が増えれば、現金に換える方法が必ず生まれる。そして現金に換える方法が生まれれば、組織犯罪が生まれる。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「くすねるって言葉久しぶりに聞いたなあ。ほんとにそんなことしてるの?」

ようするに、「ダメピッグ」ってのは、アバターを使ったSNSサービスだ。PCと携帯に対応していて、グループ作ったり、ゲームしたり、アイテムを買ったりできる。「ダメピッグ」そのものは無料だが、何かするたびに「ダメゴールド」が必要になる。

「ダメゴールド」はリアルな金で買うこともできるが、アンケートへの回答やアフィリエイト、ギャンブルなどでも稼ぐことができ、稼いだ「ダメゴールド」を現金に換えることもできる。

聞いただけで犯罪の温床になるサービスだ。もっともこれくらいヤバくないと利用者は増えないんだろう。

沢近の話では、「ダメゴールド」がらみの詐欺やなりすましなど被害はかなり出ているそうだった。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×