工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第20回「ガキの犯罪」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第20回「ガキの犯罪」

たいていの仮想通貨には換金ルートが存在する。直接現金にかえられなくても、数回他の通貨に替えることでなんとかなることが多い。利用者が増えれば、現金に換える方法が必ず生まれる。そして現金に換える方法が生まれれば、組織犯罪が生まれる。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「くすねるって言葉久しぶりに聞いたなあ。ほんとにそんなことしてるの?」

ようするに、「ダメピッグ」ってのは、アバターを使ったSNSサービスだ。PCと携帯に対応していて、グループ作ったり、ゲームしたり、アイテムを買ったりできる。「ダメピッグ」そのものは無料だが、何かするたびに「ダメゴールド」が必要になる。

「ダメゴールド」はリアルな金で買うこともできるが、アンケートへの回答やアフィリエイト、ギャンブルなどでも稼ぐことができ、稼いだ「ダメゴールド」を現金に換えることもできる。

聞いただけで犯罪の温床になるサービスだ。もっともこれくらいヤバくないと利用者は増えないんだろう。

沢近の話では、「ダメゴールド」がらみの詐欺やなりすましなど被害はかなり出ているそうだった。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×