工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第27回「物理破損」 | ScanNetSecurity
2020.12.01(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第27回「物理破損」

川崎の返事を聞いて、オレはため息をついた。こんなヤツが部長をやっているのを見たら、世間をなめるようにもなるだろう。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

会議室に入ると川崎が待っていた。椅子に腰掛けながら、オレは宣言した。

「オレは確信した。データは本体DBから盗まれた。そして犯人は、ここにいる。内部犯行だ」

川崎の顔色がすっと青くなった。商売がら青い顔のヤツはたくさん見ているが、川崎の青くなる速度はなかなかのものだった。ベスト5に入る。もしかしたら、トップをとれるかもしれない。

「なにを言うんです。本体DBから漏洩していないという証拠があるじゃないですか」

「うん、まあそうだよな。でも違うんだ。これはフェイクだ」

「なんですって?」

川崎のうろたえる顔を見て、オレは少しいい気分になった。クライアントを困らせて喜ぶのは、よくないことだとわかっていたが仕方がない。人間なんだ。好き嫌いはある。嫌いなタイプで、その上N電気出身者ときたら、うんこカレーみたいなもんだ。どうやっても好きになれるわけがない。うんこカレーがどんなものか食べたことはないけどさ。

「川崎さん、あんた大事なことをオレに言わなかったろ。もっともあんたはそれが大事だなんて気づかなかったんだろうけどさ」

「…なんのことです?」

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×