工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第33回「誤データ」 | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第33回「誤データ」

正解だ。額から汗がぽたぽたたれてきた。私は家に帰りたくなった。こんな風に責められるのは好きじゃない。やり直したい。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「その席は、普通では使わない席だ。別にパソコンが壊れていなくても、自分のパソコンの調子が悪い時や一度に複数の重い作業をする時には誰でも自由に使える。あんたは、中込がそのパソコンを使っていない時に、そこからアクセスした。きっとガキに中込の携帯に電話でもさせたんだろう」

正解だ。額から汗がぽたぽたたれてきた。私は家に帰りたくなった。こんな風に責められるのは好きじゃない。やり直したい。

「それで、みんなが犯行期間とパソコンが壊れていた期間の一致に気づかれないように、時間をおいた。データを放流し、犯行声明を出すのを半年も待ったんだ」

「待ってください。でも、誤データが一致したことでキャンペーンからのデータ漏洩だって検証されたんじゃないんですか? 誤データの件はどうなるんです」

川崎は、まだわかっていない。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×