フィクションのニュース記事一覧 | 特集 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

特集 フィクションニュース記事一覧

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第6回  「川辺」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第6回 「川辺」

オレと目を合わせず、落ち着きなく周囲を見回し、貧乏揺すりを始める。絵に描いたような不審者って感じだ。

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第 5回「ウソも方便」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第 5回「ウソも方便」

第三者を巻き込んで実行するには、百万円は安すぎる。百万円を手に入れるなら顧客データを盗んで売るなり、もっと手っ取り早い方法もありそうだ。

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

この手の犯罪は手かがりが少ない。動機がわかると、有力な手がかりになる。しかし、動機は動機で物的証拠ではないから注意が必要だ。

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第3回「通信密室」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第3回「通信密室」

通信密室とは外部との通信を完全に遮断している部屋のことだ。電波を通りにくくし、ジャミング電波を流している。通信は有線LANのみという徹底ぶりだ。

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第2回 「二重帳簿」

変なところでオレは奥ゆかしい。自分の手柄をえらそうに話せない。

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

ランサムウェアと呼ばれるマルウェアを使ったサイバー犯罪。オレは何度も扱ったことがある。

マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」 画像
フィクション

マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

冴木と静家。大学では同期だったものの対照的なキャリアを送る、ふたりの技術者の葛藤と成長の物語。

遊井 かなめ 「『天使たちのシーン』は聴こえているか?」 - 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー 画像
フィクション

遊井 かなめ 「『天使たちのシーン』は聴こえているか?」 - 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

「時代は変わった。これからはサイバーミステリとアメリカの時代だ」

柳井 政和 作 「QR ―Trojan Room coffee pot―」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー 画像
フィクション

柳井 政和 作 「QR ―Trojan Room coffee pot―」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

そのアジトには併設の喫茶店がある。Trojan Room coffee pot。木製のテーブルに白い壁がまぶしい空間。三十一歳の善光寺良成が、切り盛りする店である。

千澤 のり子 作 「初恋さがし」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー 画像
フィクション

千澤 のり子 作 「初恋さがし」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

『初恋の人の行方を知りたい方は、こちらにメールください。依頼はご内密にいたします。速やかに探します。費用は、前金で百円。現在の様子が分かったら追加で五千円。写真付きならプラス五千円。経費はご依頼主様負担でお願いします。無理だったら返金します。 荒川正歩』

一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー 画像
フィクション

一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

末期の重病を苦に自殺した少女のTwitterアカウントが死後復活した。フォロアーもフォローも1名だけのアカウントのツイート数は毎日増え続ける・・・

七瀬 晶 作 「自動走行車の行方」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー 画像
フィクション

七瀬 晶 作 「自動走行車の行方」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

実験中の、目的地を言うだけでそこへ運ぶ自動走行車が突然暴走した。バグの可能性は低い。大学生の「僕」はプログラムを書いた先輩と真相究明にあたる。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第20回「エピローグ:下品な男」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第20回「エピローグ:下品な男」

完敗だ。この男、下品なだけじゃなかった。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第19回「単純な方法」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第19回「単純な方法」

「ウソ」 ウソのはずがない。でも、思わず言ってしまった。工藤が言っていることは本当だ。見事にだまされた。 「おいおい、ウソだったら、なんでオレがここにいるんだ。他の方法でここにたどり着いたと思うのか? そっちの方がウソだろ」

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第18回「クラウド捜査協力」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第18回「クラウド捜査協力」

工藤は私の正体を知らないはずだ。だったら、このまま逃げてしまえばいい。みっともないが、それしかない。だが、膝に力が入らない。脚が小刻みに震えているのがわかる。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第17回「探偵登場」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第17回「探偵登場」

あんた、ハンパな知識でヤバイことしてるだろ。無線LANを使うのにわざわざ自宅のを使うバカはいない。追跡されにくくするには、公衆LANで認証のないサービスが一番だ。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第16回「文章鑑定術」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第16回「文章鑑定術」

私は工藤とスカイプのチャットを続けていた。とっとと会話を打ち切って、打つ手を考えねばならない。そう思うのだが、会話を切り上げようとすると気になる話題を出してくる。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第15回「仮説の棄却」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第15回「仮説の棄却」

オレは、あっさりと昨日までの仮説を捨てた。自慢じゃないが、オレは細かいことにはこだわらない。プライドよりも効果的、効率的な方を選ぶ。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第14回「脅迫状」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第14回「脅迫状」

オレは、柳沢が持ってきたオフィスの平面図に監視カメラの位置などを書き込んだ。オフィスには複数の監視カメラが設置されているが、いつくも死角があった。カメラの位置と向きを注意深く確認すれば、誰にでも死角の位置はわかるだろう。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第13回「巨乳眼鏡女子」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第13回「巨乳眼鏡女子」

ため息をついて横を見ると、掃除のおばちゃんが、大きな掃除機を引きずって歩いていた。おばちゃんの制服を見ると、サイエッグ社の子会社のビル管理会社の名前が書いてあった。オレはしょうこりもなく、今度はおばちゃんの尻に目を奪われた。

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第12回「窓外風景」 画像
フィクション

工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第12回「窓外風景」

これじゃオレが岸田をいじめているみたいじゃないか。困ったもんだ。オレは頭をかきながら、周囲を見回した。冷たい視線がオレと岸田に向けられていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 9
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×