工藤伸治のセキュリティ事件簿 第11回「年齢制限」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 第11回「年齢制限」

>>第一回から読む

特集 フィクション
>>第一回から読む

そろそろ作業が終わろうとする頃、なにやら気配を感じてオレは振り返った。
和田が立っていた。目があった。

「私の番はまだですか?」

和田は黒のセルフレームの眼鏡ごしにオレをじっと見ている。こいつ、なにを言ってるんだ?

「なに?」

オレは訊き返した。

「さっき、遠山さんとお話ししてたでしょ? だから、次は私の番かなあ?」

わからねえ、なに言ってんだ、こいつ。

「すみませーん」

遠山がやってきた。和田が不思議そうな目で遠山を見る。

「この子、ちょっと不思議ちゃんなんですよ。ごめんなさい。普通にしてる時は、普通なんですけどね。なんか、勘違いするとおかしなことを言い出すんです」

不思議ちゃんってそろそろ年齢制限いっぱいじゃねえの? とオレは言いそうになったが、止めておいた。和田は、遠山とオレの顔を交互に見ると、突然、ひとりでうなずきだした。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×