工藤伸治のセキュリティ事件簿 第25回「エピローグ:境界線」 | ScanNetSecurity
2024.05.26(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 第25回「エピローグ:境界線」

>>第一回から読む

特集 フィクション
>>第一回から読む

「私が逃げたら、どうなるんですか?」

遠山は床をじっと見つめたままつぶやいた。

「ダメだよ。実家も家族のことも全部こっちは知ってるし、あんた、クスリやってるだろ? その話を警察に流せば、すぐに捕まるよ。逃げられないよ」

オレがそう言うと、遠山の顔から血の気が引いた。まさか、クスリのことまで知っているとは思わなかったんだろう。カタカタ震えている。オレはさらに遠山が金を借りている消費者金融の業者の名前を上げた。

「オレはサラ金にも顔が利く、あんたが思っている以上にオレはあんたのことを知ってるんだ」

やる時は徹底的にやる。逃げられないと思ってもらわないと困る。遠山は幽霊のような形相で立ち上がった。なにも言わない。ショックなんだろう。その気持ちはわかる。そういう気持ちになってもらうために言ったんだ。

《一田 和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×