工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第31回「アンケート」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第31回「アンケート」

「あんたは頭がいい。オレが最後に悩んだのは、そこだ。」

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「オレもそう思う。でもな。逆なんだよ。こいつは、ダメピッグっていうSNSでアンケートかなんかやって、大量に個人情報を集めた。そしてその中からエリカのシステム部の社員のガキをより分けたんだ。オレは昨日、IDを盗用されたヤツを特定する際に、子供の有無とその子がダメピッグを使っているかどうかを確認しておいた。そこさえクリアすれば後は楽だ。昔と違って、今は特定の条件を満たす個人を探すのは、えらく簡単なことなんだ。1回数円程度の謝礼をもらうために、喜んで個人情報を書き込むバカがいくらでもいる。特にガキはそうだ。おそらく言葉巧みに、ガキの携帯にアプリをインストールさせて、個人情報を抜いて、それをもとに脅したんだろう」

「そんなことできるんですか?」

川崎は半信半疑だ。信じるな、と私は心の中で叫んだ。

「オレはそのアンケートの痕跡も発見したし、回答したヤツも見つけた。エリカのシステム関係者を見つけるためだけのアンケートは確かに存在した。警察が出てくれば、回答者のリストも証拠として押収できると思うんで、それを見れば確認できるはずだ。まあ、アンケートを使ったってのは、オレが気づいたんじゃなくて、中込のガキがしゃべったんだけどね」

私は目の前が暗くなった。やっぱりガキはガキだ。なんでもぺらぺらしゃべってしまう。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×