工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第5回「消失」 | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第5回「消失」

「エリカに充分な鉄槌をくだした。これでいったん潜伏する。エリカに再び鉄槌をくだす時がくれば、また降臨するであろう。さらば同志よ、航海は終わりだ」

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

結果として5人のフォロワーを選んだ。ニュースサイトの主催者、新聞社、ちょっと社会派な雑誌の編集者、ついドルとか言ってるバカなタレント、それに生主だ。テレビ局のヤツも入れたかったけど、あまりにもバカでうるさいのでやめた。

私は、翌週もエリカから盗み出した個人情報を公開した。最初はニュースを見るたびに、怖くなったものだが、今ではうれしくなる。

つかまりっこない、という自信がわいてくる。全てが思ったように進んでいる。親衛隊も告知に協力してくれている。

三週間連続で個人情報をさらした後で、私は解散宣言を出した。親衛隊にも事前の相談をしなかった。これは、不意打ちでなきゃ意味がない。

「エリカに充分な鉄槌をくだした。これでいったん潜伏する。エリカに再び鉄槌をくだす時がくれば、また降臨するであろう。さらば同志よ、航海は終わりだ」

そうツイートして、すぐにアカウントを抹消した。

後に残された連中は、大混乱だった。本当に消えたのかという至極まっとうな疑問から始まって、実は自分がそうだと名乗り出るニセモノ、逮捕されたらしい、エリカの社員らしい、という怪情報が飛び交っている。

中には首相の某国訪問に合わせて、ネット上の面倒くさい連中の関心を他にそらすため、という陰謀説もあって、これにはワロタ。

でも、思った以上に盛り上がった。逮捕される気配もないし、これでいい。ここで幕引きしよう。あまりやると、あとで面倒なことになる。

復讐は、とりあえず終わった。エリカは恥をかき、さんざんマスコミにたたかれた。気分がすっとした。これであいつらも思い知っただろう。

>> つづき
《一田和樹》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×