工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第18回「ダロンのコンサート」 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第18回「ダロンのコンサート」

どうでもいいようなことに思えるだろうが、意外とこういう知識は大事だ。なぜなら、ハッカーとかクラッカーは、アニメやフィギュアが大好きなのだ。そしてそのキャラクターの絵柄をアイコンなどで使ったりするだけでなく、メッセージに残したりもする。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

ボカレというのは、音声合成で歌を歌うソフトの略称だ。それでもまだよくわからないわけだが、ようするにメロディのデータと歌詞を与えると音声合成で歌ってくれるソフトウェア。

ある会社が自社ソフトの美少女の声音に、乙女クミという名前とキャラクターをつけた。これが当たった。ソフトはヒット商品となり、乙女クミ自身もキャラクターとして人気が出た。

続々とさまざまな声のキャラクターが登場し、オリジナルソングも生まれた。すると、ここでおかしな逆転現象が起きる。ソフトのためのオリジナルソングを、人間が歌い出したのだ。かくしてボカレは、当初の音声合成ソフトから一大音楽ムーブメントへと変貌した。

そして沢近が怒っているのは、ボカレの人間のダロンという歌姫(そう呼ぶらしい)のアルバム発売とコンサートをエリカが開催する予定だったのだが、会社側の都合で突然キャンセルされてしまったのだ。これには、沢近だけでなくダロンのファンがみんな怒ったが、エリカ側は方針を変えなかった。ダロンは、ふさぎ込んで一時期、活動を全くしなくなるという事態にまで発展した。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×