工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第18回「ダロンのコンサート」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第18回「ダロンのコンサート」

特集 フィクション

>>第 1 回から読む

ボカレというのは、音声合成で歌を歌うソフトの略称だ。それでもまだよくわからないわけだが、ようするにメロディのデータと歌詞を与えると音声合成で歌ってくれるソフトウェア。

ある会社が自社ソフトの美少女の声音に、乙女クミという名前とキャラクターをつけた。これが当たった。ソフトはヒット商品となり、乙女クミ自身もキャラクターとして人気が出た。

続々とさまざまな声のキャラクターが登場し、オリジナルソングも生まれた。すると、ここでおかしな逆転現象が起きる。ソフトのためのオリジナルソングを、人間が歌い出したのだ。かくしてボカレは、当初の音声合成ソフトから一大音楽ムーブメントへと変貌した。

そして沢近が怒っているのは、ボカレの人間のダロンという歌姫(そう呼ぶらしい)のアルバム発売とコンサートをエリカが開催する予定だったのだが、会社側の都合で突然キャンセルされてしまったのだ。これには、沢近だけでなくダロンのファンがみんな怒ったが、エリカ側は方針を変えなかった。ダロンは、ふさぎ込んで一時期、活動を全くしなくなるという事態にまで発展した。

《一田和樹》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×