東邦銀行がセキュリティ対策として「携帯電話版RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

東邦銀行がセキュリティ対策として「携帯電話版RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 RSAセキュリティ株式会社は10月26日、福島県下に約100店舗を展開する東邦銀行が、インターネット・バンキング利用者をネット犯罪から保護するためのセキュリティ強化策として、ワンタイム・パスワードの「携帯電話版RSA SecurID」を採用したと発表した。

 同行は、日立製作所のネットワークバンキング共同センターサービス「FINEMAX」のユーザなため、FINEMAXが提供しているRSA SecurIDによる「統合認証サービス」を利用して、「ワンタイム・パスワード」サービスを10月26日より開始した。FINEMAXの認証サービスで、携帯電話版RSA SecurIDを採用したのは同行が初めて。個人向けインターネット・バンキング・サービスの希望者に、無料でワンタイム・パスワードを配布している。携帯電話版RSA SecurIDは、携帯電話にワンタイム・パスワードを表示するため、専用機器を持ち歩く必要がなく、置き忘れの心配も回避できるのが利点。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=10510
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×