NTTアドバンステクノロジ、CyCraft の技術活用「AIサイバーインシデント分析官サービス」 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

NTTアドバンステクノロジ、CyCraft の技術活用「AIサイバーインシデント分析官サービス」

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は6月12日、AI技術を活用してセキュリティ運用者の負荷を軽減する「AIサイバーインシデント分析官サービス」を同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は6月12日、AI技術を活用してセキュリティ運用者の負荷を軽減する「AIサイバーインシデント分析官サービス」を同日から提供開始すると発表した。

 同サービスでは、台湾に本社のあるセキュリティベンダーCyCraftの技術を活用し、エンドポイントに設置したセンサーの情報に対しAI技術を適用することで、エンドユーザーの環境に応じたチューニングが不要となり、セキュリティ運用者が判断することなく、侵入を精度よく検知でき、対処要否の切り分けにかかる稼働が削減される。

 NTTアドバンステクノロジでは、CyCraftの技術に加え、導入の支援(オプションサービス)、エンドポイントに関する侵入検知、短時間でのレポート提示、レポートの解説サービス、詳細なレポート代行、論理隔離サービスを同サービスとしてパッケージングすることで、日本の顧客のニーズに対応したサイバーセキュリティ対策を提供する。

 同サービスの利用や価格(見積り)については、同社のWebから受け付けている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. 人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

    人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

  3. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  4. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  5. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  6. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  7. 横展開封じ込め、CrowdStrike 提唱の新指標「1 - 10 - 60」ルールとは?

  8. 2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

  9. 賞金総額 1 万ドル「LINE CTF 2024」GMOイエラエ 国内 1 位

  10. 26,481件の顧客情報を記録したUSBメモリを一時紛失(トランスコスモス)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×